my patient drew my portrait for me!


by ha_art
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:病気とストレス( 38 )


b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


いやぁ〜みなさんご無沙汰しておりました・・・。
気がつけば、5月が終わってしまいましたねぇ〜。
4月後半から5月は私事でバタバタしておりました。

一度、さぼり癖がつくとなかなか書く気になれなくて。
しかも、最後の話題が花粉症。
もう終わっちゃいましたしね。
やはり話題性はタイムリーでないと面白くないですもんね。

という訳で、本質的は答えは来年に回します。(気が向いたら書きますけど)
ありがたいことにこんなブログでも読んでくださる方がいて、花粉症の続きを
期待していますなんてメールも頂いたのですが‥‥。

正直、自分の分析した結果、もう忘れてしまったというのが本音でしょうか。
しかも、中途半端な治療で花粉症が終息してしまったので、結果的になにが
よかったのか分かりませんしね。きっと、来年もでるでしょうから、一から
やり直します。

さて、言い訳はこの変で終わりにしましょう。

楽しみにしていた、みなさんごめんなさい。

実はですね〜。今日は大変だったんですよ。
朝、通勤電車のなかで、平日ほど満員電車ではなかったのですが、
ちょっと込み合った車内で、横の人にぶつからないように気を遣ってたって
いたんですね。そしたら、左の腰に妙な違和感がムズムズと出てきたんです。

その時はあまり気にせずにそのまま立ってたんですが、その違和感が段々強
くなってきて、立っているのが少々つらいなと‥‥。
そこで、次の駅で、座席が空いたので、座ったら。。。

あら? あらら? なんか へん ‥‥???

腰を落とすと痛いような。
「気のせいだよな」と。

しかし、段々痛みが増していく。
ココロの中でマズい と。今日は忙しいしなぁ。。

でも、その現実を受け入れたくない気持ちと、気のせいにしたい気持ちとが入
り交じり。なんとか、神保町の駅に着き、ゆっくりと立ちあがるものの、やは
り痛い。恐る恐る歩くとさらに痛みが増してゆく‥‥

幸いなことに、腰をそらす分には痛みがまったくなく普通にできたので、
なんとか朝一の患者さんの治療を開始しました。

ちょっと違和感ある動作だったのですが、なんとか治療ができました。
それは、アクティベーターの治療だったからです。
これは、テーブルを高くして、Dr.は腰を屈める必要がなく、まっすぐ立ったまま
治療ができるのです。

今日ほど、自分がアクティベーターの治療家であることに感謝したことはないです。
アクティベーターは患者さんにやさしいだけでなくDr.にもやさしい治療法だったのです。

双方にとってメリットのある治療法はすばらしい!!
今日のような状態では、とても手技での治療はできなかったと思います。
長い間、治療をしていくためには、患者さんのためだけでなく、やはりDr.にも
やさしい治療法が一番です。Dr.が故障していては、やはり治療はできませんからね。

ここで一人目の治療が終わり、天の声が!!
次の患者さんが、キャンセルになりました。
これは引き寄せの法則でしょうか?

これで、しばらく時間を稼ぐことができたので、院長にお願いしてアジャストメ
ントをしてもらいました。20°くらいしか曲げることができなかった腰が、一
瞬、40°くらいまでは、動かせるようになったのですが‥‥。

次の瞬間、さっきまでは立って腰をそらす分にはまったく問題なかったのですが、
立っていても腰が痛いのです。
さぁ、困った。

これでは、次の患者さんの治療ができない‥‥。
そこで応急処置として、湿布を腰に張ることに。
こうして、次ぎの患者さんの治療を開始しました。

最初のうちは、ぎこちない動きで怪しかったのですが、アジャストが効いたのか、
湿布が効いてきたのか不明ですが、痛みと腰の張りが少し緩和されてきました。
最初がVAS(主観的な痛みのスケール10がMAX)=9とすると、このときVAS=7
はくらいになっていました。こうして、なんとか最後まで治療を無事終えること
ができました。ふ〜う(汗)。。。。

そして営業を終えた後、今度は自分の治療を。
再度、院長にお願いして、ストレッチとPNFで筋緊張を緩めてもらいました。
かなりガチガチになっていた模様。痛いのなんの。

でも、おかげさまで、だいぶ動けるようになり、腰は50°くらい、VAS=5くら
いまで回復(^^V)

そこで、今度は原因追及治療!!
今回のギックリ腰の原因を探るために、同期でおなじアクティベーターPCRT
治療をしている先生に、「SOS」の電話をしたら快く駆けつけてくれました。
ありがとう〜〜〜〜^^

最初にアクティベーターを施し、この時点でさらに改善しました。
前屈60°、VAS=4

ここから、PCRTで原因追及へ。

結果から言うと、「自分への不甲斐なさ」がストレスになっていたようです。
あることをきっかけに、あることに対して、潜在意識のなかでは、ある方に対
して、羨ましいという思いが。

その裏に隠されている本音は、その方はあるものを手にしている、
でも、自分にはそんなもの手に入れることができない、それがなんとも
不甲斐ない自分に思えてならなかったのです。

正直、くだらない問題で、自分でもそんなこと気にしていることに驚きましたが、
やはりカラダというやつは正直ですね。こうして治療は一件落着。

さぁ〜て、あら不思議。

腰は80°ほぼ正常。VAS=1まだ腰の奥に若干の痛みと張りを感じましたが、
もう正常の時と何ら変わりなく、動けています。自分で、目の当たりに、ギッ
クリ腰を体験し、感情にて、改善されると、満更、自分でやってきたことが間
違いでなかったことに感動します。そしてなによりも、当たり前に動けること
がこんなに有り難いことなのかと再認識させられたよい経験ができました。

今までも、仙腸関節のギックリ腰は何度も経験していますが、腰部起立筋のギ
ックリ腰を経験したのはこれが初めてです。本当にいい経験をしました。一日
でこれだけ、ドラマティックにさまざまな体験ができ、結果的に良い結果が得
られたのも、院長はじめ、忙しい中駆けつけてくれた、仲間の先生のおかげで
す。そして、自分の信念を貫き、信じてきた治療法に感謝です。

明日がまだ、少し心配ですが、まぁ、問題ないでしょう♪

こうして、おさぼりブログがまた再会すればよいのですが‥‥。

腰もブログも復活劇!!




b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-06-01 02:45 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


毎日リアルタイムに花粉情報はこちら

花粉症のお話の続きです。
前回は、栄養学からみた花粉症予防対策を説明しました。
では、今回はいよいよ・・・。いよいよ。
本質に迫る、お話をしようと思います。

その1は、花粉進入ルートの話。もっとも一般的。

その2は、栄養学からアレルギー体質になりにくい状態をつくる話。

ちなみに、花粉が侵入してからのアレルギー反応の話は必要ですか?
いらないですね、これは、他で調べてください。
いくらでも、書いてある話ですから。
参考までに、画像くらいは添付しておきます。
よく花粉症の原因として説明されますが、これ原因じゃないですからね。
原因ではなく、これはメカニズムといいます。
花粉が鼻の粘膜に付着し、抗体・抗原反応がヒスタミンを・・・。
この反応過程を抑えるのが、薬物療法であります。
これは、専門外なので、お医者さんに任せましょう。
でも、これでは、花粉症は治りませんからね!

画像をクリックすれば大きくなります☆
b0035080_2022240.jpg



さて、その3は、他では聴けない、一般的でないお話をしようと思います。
原理原則に従えば、花粉症は治ります。
ちなみに、予断ですが、面白い記事があったので最後にアップしておきます。
花粉症が治るなら">「33万円払っていい」んですって。
私の話を読んで、真剣に治した方は、是非ご相談くださいね。
33万円もかかりませんから・・・(笑)。

それでは、本題に入りましょう♪
と思ったら、もう前置きがだいぶ長くなってしまいましたね・・・。
では、本質に迫る その4で その続きをお話しましょう^^;

う~決して引っ張るつもりじゃなかったんですよ・・・。
でも、前置きが長くなりすぎたんもんで。
あぁ~「はよ、話さんかいなぁ~!!」って野次が聞こえてくる・・・。

じゃ~本題に入る前に、皆様に、宿題を一つ。
なんで花粉症になる人とならない人がいるんでしょうね?
その違いは、なんなんでしょうね?
なんで、ある人にとって花粉は異物なんでしょうか?
花粉が悪者なんでしょうか?
よ~く、考えてみてくださいね ^^

続く・・・。

PS.これはやりすぎでしょ(笑)でも、本人にとっては、ここまで辛い訳ですよ・・・。
b0035080_2062399.jpg


花粉症が治るなら「33万円払っていい」 製薬会社調査

製薬会社のグラクソ・スミスクラインが行った「ビジネスパーソンの花粉症に関する意識調査」で、「花粉症が治るなら払ってもいい金額」は平均33万円となった。金額の目安として「1カ月の給料」「すぐ出せる額」との回答が目立ち、同社では現実的に払える金額で、一括して花粉症を治療してしまいたいとの心理が読み取れるとしている。 

調査は1月22日~23日にかけ、同社の鼻炎薬のウェブサイト「コンタック総合研究所」内で実施、花粉症の症状を持ち、部下を持つビジネスパーソンを対象に、男女412人から回答を得た。

「花粉症の症状が一生なくなるのなら、そのためにいくらまで払ってもいいと思いますか」の問いに、10万~50万円が35.2%、次いで1万~10万円が32.8%、500万円以上も1.7%あった。結果的に約7割が1万~50万円の金額を提示し、平均すると33万2251円となった。
 
一方で「花粉症の症状が一生なくなるのとひき替えに失ってもよい」として、BMWなどの高級外車(43.0%)、高級ブランド時計、バッグなど(40.8%)が挙げられ、実際に払ってもいい金額よりも高額商品がずらり。「ひき替えに経験しなくてもよい」ものには、MBA取得など「スキルアップのための留学」が35.9%あり、キャリアアップのチャンスを逃してまでも花粉症を治したいとの患者たちの切実な思いが現れた形だ。
 
また、花粉症により「集中力が半減する」が23.1%、「3割減」が21.6%と、ほとんどの人が仕事への影響を実感しているものの、実際に「仕事を休んだことがある」のは4.9%。「花粉症を理由に休んだことはないが休みたいと思う」が47.1%。「風邪などほかの病気を理由にして休んだことがある」(9.7%)と答えた人もいたが、このうち7割が「花粉症が仕事に支障を与える病気だと理解されないから」と答え、周囲に「疾病」とはなかなか認めてもらえない厳しい現実が浮き彫りになった。
 
調査を行ったグラクソ・スミスクラインでは、花粉症の症状を広く認識してもらい、病気としての花粉症予防や投薬の必要性を知ってもらいたいとしている。【江刺弘子】



b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-11 21:00 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


前回(その1)は、花粉の侵入ルートの遮断についてお話しました。
ようするに、花粉をなるべく吸い込まないようにする対策です。
これに関して異論を唱えるかなはいませんね?

今日は栄養学からみた、体質改善による予防策について触れてみようと思います。
なんでもフィンランド、ツルク大学、セポ・サルミネン教授(食品化学)とエリカ・イソラウリ教授(小児科)らの話によると、乳酸菌の一つ(LGG菌)が、アレルギーに対して有効ではないかという研究をしています。

サルミネン教授らは、アトピーに対するLGG菌の予防効果のメカニズムは完全には解明されていないが、サルミネン教授は「LGG菌によって腸内のバリアー機能が強くなり、アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に吸収されにくくなることが証明された」と語っております。

花粉症は、腸内から吸収されたアレルゲンに対して、過敏になったアレルギーマーチが関与しているので、腸内環境を快適にすることが、過敏症を予防するキーとなるのではないかと考えているようです(私の解釈)。

パシフィック・ウェスタン大学教授(栄養学)のアール・ミンデル博士(栄養学の権威)は花粉症についてこう語っています。
ストレスが花粉症を悪化させることがある。この症状に悩まされている人は多いが、Bコンプレックスを1日2回、パントテン酸を1000mgを1日3回、ビタミンC(抗ヒスタミン作用がある)1000mgを1日3回、それに加えてMSM(メチル・スルフォニン・メタン)、1000mgの錠剤を1日3回取るようにすれば助けになる。」

そこで今日のお勧めはこちら↓↓↓↓
アレル・リリーフ
ライフ・パック
※ご注文の詳細はこちらをご覧ください(ページ最下部)。

【注意】:プロバイオティクスは重度急性膵炎患者に投与すべきでないとする研究論文もでているので併せて、参考にしてみてください。

私もこのひと月、飲んでみました。
結果はよくわかりません・・・。
そんなよく分からないものを紹介するなと怒られそうですが
一つのことをだけで、実験(ツールは多いほうが良いので)している
訳ではないのでなにが効いてよくなっているのかが分からないからです。
確かに、飲み始めてひと月たった今は、さほど辛くありません。
でも、これがよかったのか直接的な因果関係は不明です。
試してみる価値は、ありそうですが、一番よいのは、
花粉症が始まる少し前から飲みだして、腸内環境を整え、
花粉にそなえるのが一番よいかもしれませんね。
薬を取りたくない人にとっては、サプリメントはそれに
変わる大きな役目を果たすと言えるかもしれません。

続く・・・。


アトピー、ぜんそく、花粉症…症状軽減に期待 LGG菌
記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社

ヘルシーリポート:LGG菌の効果 アトピー、ぜんそく、花粉症…症状軽減に期待

春先のこの季節、多くの人が悩まされるのが花粉症だ。くしゃみや鼻水で顔はグシャグシャになり、ティッシュが手放せない。またアトピー性皮膚炎で悩む子どもたちも多い。国民病ともいえるアレルギー症状の軽減に今、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の一つ、LGG菌が注目されている。
【遠藤哲也】

まず、乳酸菌について基本的な知識をおさらいしておこう。

乳酸菌とは、乳酸を作る細菌の総称。ヨーグルトやチーズのほか、しょうゆやみその製造に欠かせないのはよく知られている。有名なのがビフィズス菌だ。人の腸内を整えて、腸内の腐敗を防ぐため、おなかに優しい有用菌(善玉菌)とも呼ばれている。

人の腸にいる約100兆個にも上る腸内細菌は、こうした善玉菌と、大腸菌などの悪玉菌に大別される。高脂肪の食生活を続けたり、ストレスが過度になると、悪玉菌が増え腸内の老化が進む。健康には、腸内環境をいかによい状態に保つかが、ポイントになるというわけだ。

また最近は「プロバイオティクス」という言葉もよく使われる。生きたまま腸に届いて健康に良い働きをする微生物のことで、一部の乳酸菌もプロバイオティクスだ。

■乳酸菌の一つ
こうした乳酸菌の一つであるLGG菌がアトピー性皮膚炎に効果がある可能性を示す研究報告が、21世紀に入って間もない01年春に発表された。イギリスの医学雑誌「ランセット」に掲載された論文は、世界の研究者の間で注目を集めた。研究を主導したのが、フィンランド、ツルク大学のセポ・サルミネン教授(食品化学)、エリカ・イソラウリ教授(小児科)である。

サルミネン教授らは、アトピー性皮膚炎の症状のある妊産婦132人に、出産予定日2~4週間前から出産後半年間にわたってLGG菌と偽薬を投与した。

その結果、生まれてきた子どものアトピー性皮膚炎の発症率は、LGG菌を取った妊産婦の方が偽薬と比較し約半分と低くなったのだ。

4歳の時点でも、LGG菌を投与した群ではアトピー性皮膚炎の発症頻度が低く、7歳時点で投与したLGG菌によるアトピー性皮膚炎発症の総合リスクの低減も継続的に観察された。

来日したサルミネン教授は「LGG菌の研究は元々アレルギー症状を対象にしたのではなく、赤ちゃんの下痢予防が出発点だった」と語る。

アトピーに対するLGG菌の予防効果のメカニズムは完全には解明されていないが、サルミネン教授は「LGG菌によって腸内のバリアー機能が強くなり、アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に吸収されにくくなることが証明された」と語る。

■遺伝する体質
では、LGG菌とは、そもそもどのようなものなのだろうか。

LGG菌は1985年、アメリカのタフツ大のゴルディン教授、ゴルバッハ教授が人の腸内から発見した。フィンランドの会社が事業化し、世界40カ国以上でヨーグルトや乳酸菌飲料として商品化されている。

特徴は、胃酸や胆汁酸に強いため、生きたまま腸に届く▽腸管への粘着性が高い▽腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす--などが挙げられる。

さまざまな特徴を持つLGG菌だが、サルミネン教授らがさらに着目しているのが花粉症に対する予防効果だ。

アレルギー体質は遺伝するといわれ、さらに体の各器官でアレルギー反応が連鎖していくのではないかと考えられている。アトピー性皮膚炎だった子どもが気管支ぜんそくになり、さらに成長すると花粉症を発症する。「アレルギーマーチ」と呼ばれている。

最近の研究では、母親の腸内細菌が子どもの腸内細菌に大きな影響を与えることも明らかにされ、妊娠した母親の腸内環境が良好だと、子どもがアレルギー体質を受け継がない可能性が高くなるという。

サルミネン教授らはアトピー性皮膚炎の研究で対象になった子どもをさらに追跡調査することで、ぜんそく、花粉症予防についてもLGG菌が効果があるかを究明していく予定だ。

■継続的に摂取
「フルーツジュースにLGG菌を入れて毎日飲んでいます」と言うサルミネン教授。普段の食生活で大切なのは、LGG菌を継続して取ることだと強調する。

フィンランドではジュースのほかに、チーズや牛乳の中にもLGG菌を入れているという。「車の整備と同じように、腸内環境を常に良い状態に保つためできるだけ毎日摂取してください」とアドバイスする。

特に風邪などをひいて抗生物質を投与された時や、環境が大きく変わる海外旅行時などは積極的に取ることを勧めている。

ただし、プロバイオティクスは重度急性膵炎患者に投与すべきでない。

提供:Medscape
Laurie Barclay



b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-08 16:03 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


アレルギーに対して、プロバイオティクスが有効とされる研究がある一方、重度急性膵炎患者には投与すべきでないという研究もあるので、参考にしてみてください。

重度の急性膵炎と予測される患者において、プロバイオティクス の予防的投与(probiotic prophylaxis)は感染性合併症のリスクを低減させず、死亡のリスク上昇を伴うことを示す多施設共同ランダム化二重盲検プラセボ比較対照試験結果が『Lancet』2月14日号オンライン初版に報告されている。したがって、プロバイオティクス の予防的投与はこのカテゴリーの患者に実施すべきでないと研究者らは結論している。

「急性膵炎では、感染性合併症とそれに伴う死亡は大きな問題である」とユトレヒト大学医療センター(University Medical Center Utrecht)(オランダ、ユトレヒト)のMarc G.H. Besselink, MDをはじめとするDutch Acute Pancreatitis Study Group(オランダ急性膵炎研究グループ)の研究者らは記している。「プロバイオティクス の腸内投与は感染性合併症を予防する可能性はあるものの、これについて説得力のあるエビデンスは少ない。我々の目的は重度急性膵炎と予測される患者におけるプロバイオティクス の予防的投与の効果を評価することであった」

重度急性膵炎と予測される患者298例を、症状発生から72時間以内に、多菌種混合(multispecies)プロバイオティック製剤(n=153)またはプラセボ(n=145)の投与にランダムに割り付け、28日間にわたり1日2回腸内投与した。組み入れ基準はAcute Physiology and Chronic Health Evaluation(急性生理学・慢性健康評価)(APACHE II) スコアが8以上、Imrieスコアが3以上、またはC反応性蛋白質濃度が150mg/L以上であった。主要評価項目は入院期間中と追跡調査90日目の感染性合併症(感染性膵壊死、菌血症、肺炎、尿性敗血症、感染性腹水)の組み合わせであった。解析には包括(ITT)解析を用いた。

各群とも1例は膵炎の診断が不正確であったため解析から除外し、評価可能データが得られたプロバイオティクス 群の152例およびプラセボ群の144例を解析対象とした。ベースライン時点で、患者の特性および疾患の重症度は両群とも同程度であった。

感染性合併症はプロバイオティクス 群では46例(30%)、プラセボ群では41例(28%)に発生した(相対リスク[RR] 1.06; 95%信頼区間[CI] 0.75-1.51)。プロバイオティクス 群では24例(16%)、プラセボ群では9例(6%)が死亡した(RR 2.53; 95% CI 1.22-5.25)。腸虚血はプロバイオティクス 群では9例(うち8例が死亡)に発生したが、プラセボ群では1例もなかった(P=0.004)。

「重度急性膵炎と予測される患者において、プロバイオティック菌種のこの組み合わせによる予防的投与は感染性合併症のリスクを低減させず、死亡のリスク上昇を伴った」と同研究の著者らは記している。「したがって、プロバイオティクス の予防的投与はこのカテゴリーの患者に実施すべきではない」

この研究の限界としては、ランダム化前に臓器不全を有した患者の割合がプロバイオティクス 群のほうが高かったこと(非有意)、膵実質壊死が30%を超える患者の割合がプラセボ群のほうが高かったことが挙げられる。

「他の菌種(の組み合わせ)を用いたら異なる結果となったかどうかについては議論の余地があるものの、基礎となる機序が実際に明らかになるまでは、重度急性膵炎と予測される患者に対するプロバイオティクス 投与は安全でないと考えなければならない」と同研究の著者らは結論している。「最も重要なのは、特に重篤な患者または非閉塞性腸間膜虚血のリスクのある患者には、プロバイオティクス はもはや経腸栄養への無害な補助剤とみなすことはできないという点である」

この研究はオランダ経済省(Dutch Ministry of Economic Affairs)の機関であるSenterの資金援助を受けている。プロバイオティクス およびプラセボはいずれもWinclove Bio Industries社(アムステルダム)から提供された。この研究論文の著者のうち1名はWinclove Bio Industries社(アムステルダム)(プロバイオティクス およびプラセボの提供者)およびユトレヒト大学医療センター(University Medical Center Utrecht)に勤務している。その他の著者らは関連する金銭的関係がないことを開示している。

The Lancet. Published online February 14, 2008.
Medscape Medical News 2008. (C) 2008 Medscape



b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-08 15:45 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


花粉症の方々には、まだまだ憂鬱な季節が続きますね・・・。
今年は飛散量が多めだとか。5月くらいまでは続きそうですね。
なにを隠そう、私も花粉症の一人です。
もっと早く花粉症対策に対するネタを書こうと思いつつ、
今に至ってしまいました。

さて、私事の症状は、3月中旬くらいから始まりました。
薬を飲まなくてはいけないほどの症状はありませんが、
治療中にハナタレ小僧になると治療に集中できなくなることと
患者さんに失礼に当たるのが、悩みどころ。
もともと、私は、小さいころからアレルギー体質で、ハウスダストを
はじめ、年がら年中、鼻水や鼻血を垂らしていました(苦笑)
しかし、以前のブログに書きましたが、心身条件反射療法(PCRT)にて、
鼻炎の治療をしていらい、本当、ウソのように鼻がスッキリするようになり、
いつのまにか、ティッシュの使用量が圧倒的に減りました。
今考えると、鼻をかむために、どれだけのティッシュを消費して
いたのでしょうね?エコではありませんね・・・。

要するに、PCRTにて、鼻炎はほぼ解消されたものの、
まだ取り残された問題!!それが「花粉症」です。

なかなか自分ごととなると真剣に治療しないのがいけませんね。
しかし、それでは、アレルギー治療をしている人間として説得力に
かけるうえ、やはり、辛い。
患者さんがよくなるのは、嬉しいが、自分も治さなくては!!

そこで、先日より数回、PCRTをやっている同期の先生に治療をしてもらいました。
私の花粉症のココロは・・・

秘密です(笑)

それは冗談ですが、後ほど詳しく書くとして、
今日は、一般的な花粉症対策のお話をしようと思います。
なぜなら、いきなり本質的な話をしてもチンプンカンプンでしょうから。

花粉症対策その1 予防!!
つまり、マスクをして花粉から隔離すること。
ものすごく一般的過ぎて、つまらない!?(笑)
いや、そう言われても、一番、手っ取り早いですからね。
あくまでも対策の話ですからね(汗)
「そんなこと言われんでも知っとるがな!!
そんなん、ええからもっと、ええ話、教えんかいな!!」
と突っ込みが入りそうなので、ええ話を一つ。

最近のマイヒット商品はフマキラーより出ている
アレルシャット
(ここなら、メール便で送料80円で、お値段もお得です!!)
これは、なかなか、いいですよ!!
マスクをしなくても、軟膏で鼻の粘膜を守ってくれるので、
マスクをしたくない人や、マスクを出てきな環境にいる人には
お勧めです!!
しかし、欠点がひとつ。
1日に3~5回塗ってくださいとありますが、鼻をかむたびに
軟膏がとれてしまうので、その度に塗りなおさなくてはいけない。
これが、少々、軟膏だけに難航ですな(爆)と一人オヤジギャグです・・・。

あぁ、また「どつくど!!」と突っ込みが・・・。

あと、究極の一品が、「鼻セレブ」。
決して、鼻が高くなり、ハリウッド俳優のように鼻がセレブになるということじゃないですよ。
ティッシュがセレブなんですよ。
もう愛用者がかなりいるかもしれませんが、使い心地が抜群です。
私の同期の先生の愛用品で、発売当初から人に勧めまくっていました(笑)
最近では、さまざまな花粉症用のティッシュもあるようですね。
みなさんも是非、自慢の一品を見つけてくださいね。

そんな訳で、今日のお話はここまで。

続く・・・?。


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-07 17:14 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


健康とは?非常に定義し難いテーマであります。
私たちにとって、真の健康とはなんなのでしょうか?
むしろこれは、WHO憲章に基づく、健康の定義ではなく、一人ひとりが思っている健康こそ、健康なのではないでしょうか?すなわち、本人が健康と思えば健康である。
そこで、あなたが考える、「私の健康の定義」を教えてください。

ちなみに、私が考える「健康の定義」は、【重度な身体的苦痛がなく、生きていることに、毎日、生きがいを感じ、イキイキとエネルギッシュにあふれ、笑顔の絶えない、明るく充実感にあふれた生活を送ること】だと思います。生きている間には、当然、不快・不調に感じることや、喜怒哀楽に左右されながら、生活を送ることもあるでしょう。でも、それは当たり前のことであって、その起伏の変化に富みながらも、先にあげた、幸せと充足感に満ち溢れていれば、満足に生活することができると私は思います。

皆さんの健康の定義を是非、シェアーしてください。
意外にも、自分の常識が人と違っていたり、当たり前だと思っていたことが、当たり前でなかったり、様々な気づきがあるかもしれませんよ。あくまでも、自分だけの健康の定義なので、だれがなんと言おうと、それで良いのだと思います。そして、いろいろな意見に触れながら、私もじっくり考えてみたいと思います。なかなか、考えることのないテーマだけに、一度、真剣に考える価値のあるものだと思いますよ。
たくさんのコメント随時、お待ちしております^^


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-03 15:56 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


vol.1の続きです。vol.1はこちらから。

-------------------------------------------------------------------------------------------

※ vol.1の後に頂いたメールの続きです。

▼○○さん(この患者さんが新患をご紹介してくださいました)
とても楽になった〜って、本当に 喜んでいましたよ。
お仕事のストレスが相当あったようですね。


▽よろこんで頂けて、よかったです。ぼくもうれしいです^^

Dr.フルフォードも

「いのちの輝き」

の中で言ってましたが、良い医者を知人に紹介するということは、
その時点からその方の治癒が始まるんだとおっしゃってましたね。
紹介された方が、良くなるというのは、嬉しいものですよね。

その期待に応え、いつも謙虚に結果をだせるように一層の努力を致します。

▼娘も、時々、「とびひ治ったよ」と誇らしげに言ってます。
そうだね、○○(娘さん)にはすごい体の力があるんだものね、
というと満足げにしています。


▽へぇ〜自分から誇らしげに言ってくるんですか?
それは、良いですね。
沢山褒めて、自分の身体の力の素晴らしさをよく
教えてあげてくださいね。
ホント、小さいうちから、心と体が当たり前に繋がっていることを
経験的に学んでくれるといいですね。これは一生の財産になります。

▼それにしても、東さんじゃないけど、最近甲状腺のことを
身近で聞くことが多いんですよね。
友達が甲状腺機能亢進症になったり、祖母の家に久しぶりに行けば、
おじの柴犬が甲状腺機能低下症でホルモン剤飲んでいたり。
これは何の引き寄せだろう?と首をひねっています。


▽なにかあるんでしょうね。
引き寄せの法則=宇宙の原理原則ですからね。

▼EFTはとても職場で役に立ってますよ。
頭痛や首の痛みでつらそうな人が結構でてくるんです。
そんな人が目の前にいるんですもの、簡単だし、
試してみましょうかって感じで。


▽すばらしいです。

▼その中で、疑問が湧いたわけです。
質問のシェアは、喜んで。ご自由にお使いください。
ただ、質問について、もうちょっと掘り下げて聞いてもよいですか?


▽ありがとうございます。
さっそく、blogのネタにさせて頂きます。

▼つまり、EFTで単純に痛みにアプローチしても、
西洋薬的な、単なる痛み止め以上の効果があると考えてOK、
ということでしょうか?


▽そう思います。少なくとも単なる痛み止めではありませんし、
実際に、薬のような薬理作用なしに、自分のもっている力と
エネルギーのリンクが行われるのでしょうね。

▼私はEFTをやる時に、あんまりアファメーションとか
セットアップフレーズを考えないで(考えるとかえっていまいちなので)、
その時に浮かんだ思いつきでやってるんですが、最初の単純に痛みが
楽になる的な言葉で、ほとんどゼロになってしまうんですよね。
内面に絡める前に。もうちょっと心理的な面も入れようかな〜と思う前に。
それで、うーん、これは単なる痛み止めになってないよなぁ?
と疑問に思ったわけです。


▽いや、それだけで、ゼロ(痛みが)になるなんてすばらしいじゃないですか!
ぼくも見習わなくてはいけませんね・・・。
しかし、質問の焦点はいいところをついていると思いますよ。
確かに。もし、痛みや病気などの症状が、内面の深くから発生してきている
ものであれば、単なる痛みのアプローチだけでとれてしまうのもおかしいし、
仮に取れたとしても、深く内面にアプローチしなきゃいけない気がしますね。
これは、あくまでもぼくの考えですが、仮に、表面的な痛みのアプローチで
取れてしまうのであれば、それだけでよいと思います。

もし、仮に内面から深くのアプローチを身体が必要としていれば、
必ず、再発すると思います。でも、再発もせずに、一時的な痛みが、
感覚を認知するだけでとれるなら、それはありだと思います。

これは、フォーカシングという技法があるのですが
(ブログの本の紹介の所にあります)、
それによると、身体は自己(各臓器であったり細胞であったり)の存在に気づいて
もらいたい、その存在のアピールの為に、不快な感情や、痛みなどで感覚的に
でてきているんだと。
だから、ある意味、表面的なアプローチだけでも、その存在に気づき、
目を向けてあげることが、その存在を認めることになりますから
それで、OKなんじゃないですかね?

もっと分かりやすく言えば、我々の身体は一つではありますが、
一つ一つの細胞が自分と同じ、独立した存在で、感情を持ち合わせている
とすれば、自分の分身が沢山いて、それぞれの自分がそれぞれの自分に
常に気が付いてもらいたいと思っているんじゃないですかね?

例えば、友達同士でいるときに、自分が声をかけてるのに、隣で
無視されたら悲しいですよね?あんまり酷い無視だと、たたいて
相手に気づいてもらいたくなりますよね。それに、腹がたって
蹴りたいと思いますよね?そのアタックが自分自身だとすれば、
単に存在に気づいてあげるだけでも嬉しいもので、それだけで
効果があってもなんら不思議ではないと思います。

▼きちんとその人の問題点、根本的なところにアプローチできているのかなって。

▽できていると思いますよ。
変化があるのであれば、必ず、何かが変わっているはずです。

▼私の頭の中で、ですけど、痛みはその部位だけではなく、
身体の問題をあらわすサイン、だと思っています。
また、”身体と心”は人が勝手に分けているもの、と考えているので、
(体認しているか、は自信ありませんけど^^;)、
体に何らかのゆがみや異常があれば、それは心にも何か偏りが
あるものと思っています。


▽まったく、その通りだとぼくも思います。

▼(剣術の先生に、根性が曲がっているから体の使い方が
なってないんだ〜言われますし(;_;)


▽ある意味、それもその通りなんでしょうね。

▼それで、たとえば、肩がこる、といっても、
それが単に肩の筋肉疲労だけではなく、内臓や循環器系の疾患の
予兆だったりしないか 考えますよね?


▽考えますね。

▼その時、肩が凝る、というのは枝葉であって、
本当の問題は内臓や循環器系、そしてそれに影響を与えるような、
心理なわけですよね。


▽そうですね。恐らく順序としては、心ありきでしょうね。

▼友達の例で考えれば、腰椎がずれるような心理だったりするわけですよね。

▽ぼくはそう思ってます。

▼その時に、単純に「肩が楽になって気持ちがいい」
というような言葉だけで、ゼロになってしまった時、
身体の部分のその根本までちゃんと届いているのかな?
と思ったわけです。


▽それは、ケースバイケースじゃないですかね。
その場で、感覚的なアプローチで取れる場合もあるし
取れない場合もあります。また、とれても、根本的な
感情が絡んでいれば、再発しますしね。
その時は、その時で、深くアプローチしていけば良いと思ってます。

▼痛みって言うのは、本当に何なのでしょう?

▽なんなんでしょうね?
ホント、不思議です。

心からの警告なんでしょうね。
だって、痛みは一番、不快ですからね。気づきやすいですよね。

この気づきの習慣を、機械論的に考えるか有機論的に考えるかでは
天と地の差があります。もともと、有機的に考えられてたはずが、
いつしか科学物質信仰主義に変わったときに、心が置き去りにされてしまった。
だから、当たり前に自分の心と向き合って来たはずの、人類は
自分の心と対話することを忘れてしまったんでしょうね。
その忘れかけたしっぺ返しが、現代に現れている病気なんでしょうね。

▼ 心の問題→体の異常(腰椎のずれ)→痛み、という図式では
無いのでしょうか?


▽必ずしも一致しませんね。
でも、現代科学では、まだ分からない超越した
エネルギーの存在があるのかもしれませんね。

▼ 健康、って、本当に何なのでしょう?
歪みがある=痛みがある=病気=健康じゃない、という図式が
私の頭の中にはあるのかもしれません。


▽思いこみとは、恐ろしいものです。
病気に限らず、我々の行動や思考はすべて思い込みといっても
過言ではないとぼくは思います。
要はその思い込みが、その人にとってポジティブに働くか
ネガティブに働くかの違いが、起こりうる結果となるのだと思います。

▼なんだかまとまりが悪くて申し訳ありませんが、
思うところを教えていただければ、とってもうれしいです。
よろしくお願いいたします。


▽まとまりのない回答になってしまいました。
すばらしい、ご質問ありがとうございました。
きっと、この疑問は皆様の良きシェアーになると思います。
こちらこそ、いろいろとありがとうございました。
いい勉強になりました。

--------------------------------------------------------------------------------

とまぁ、ここまでがメールで頂いた質問に対するぼくなりの回答を
みなさんの何かを考えるためのシェアー材料になるかと思いまして
患者さんの許可を得て、ここに書かせて頂きました。
ありがとうございました^^


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-09-25 00:26 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


今日は、いつもお世話になっている患者さんから非常に良いご質問を
頂いたので、それのやり取りをご紹介します。
(患者さんと言ってもこの方は、専門職の方です)

▼患者さんの質問
▽私の回答

※個人的内容は一部削除と名前等は伏せてあります。


▽さて、いくつか質問を頂いているので答えます。
大変、本質を突くいい質問だと思います。

▼娘はおかげさまで一週間後には治り始めて、
今ではすっかり綺麗になっています。よく観察したら、
水疱性膿痂疹だったので、ブ菌のようでした。
ウイルス性の場合は迷わないんですけど、細菌性の場合は
薬を使うかちょっと悩みますね〜。
でもすぐに治ったのでホッとしました。
ありがとうございました。


▽そうでしたか、水疱性膿痂疹ですか。
皮膚疾患や微生物学に関してあまり専門で無いので詳しくないですが、
とりあえず、自然治癒してよかったですね。

▼一つ教えていただきたいのですが…良いですか?
EFTで例えば腰の痛みを取ったとき、体のバランスも実際に
回復してるのでしょうか?


▽回復している場合もあれば、回復していない場合もあります。
すなわち、痛みはバランスの問題ではないということです。
詳しくは次の質問に譲ります。

▼この前、友達に仕事で会ったときに、腰がずっと痛くて、と言うので、
その場でEFTで痛みを取りました(ほんと不思議ですよね)。
友達は整体に何回か通っていて、腰椎が前にズレていると
言われたそうなんですよね・・・。


▽それは、すばらしいです。
さっそく、どこでも試される○○さん(患者さん)に驚きです。

▼そうすると、痛みが取れた場合、実際に腰椎が戻っているんでしょうか?
それとも痛みと腰椎のズレは、必ずしも相関しないのでしょうか?
その場合は腰椎のズレを治すなどの根本治療が必要になりそうですよね?
ふと疑問と興味が湧きました。


▽まずは、ズレ=痛みという概念を捨ててください。
この常識に囚われていると、矛盾に気付かず、構造が問題
ということから頭を切り替えできなくなります。
○○さんには、治療を通して、すでに何度もご説明したと
思っていたのですが。。。
専門家の方でもやはりまだご理解されていないといことは
一般の患者さんは、やはりぼくが、何度も、心と身体の関係性を
説明しても構造のズレが問題と思っているのでしょうね・・・(悲)?

実際に、よく言われるのが、「あの腹にパチパチはすごい効きますね!!」
ですからね・・・。
お腹にパチパチするのが効いてると思っている方がなんと多いことか(苦笑)

いや、そうではなく、「あなたがご自身の感情に気付いたことが大切なんですよ」
と言っても・・・の様子。
お腹にいつもパチパチするのは、エネルギーの流れを良くするため
ですから、本当に効いているのは、自分の感情の解放の結果です。

でも、どうでしょう?
ご自分で実際にEFTを使って、痛みのある人を治すと、
この痛みは一体なんなのか? と思いますよね?
そうすると、痛みは必ずしも、構造と一致しないなという
矛盾点が必ず見てきますよね?

ここでもう一度おさらいします。
ズレ=歪んだ結果です。
すなわち、結果である以上、原因ではありません。

では、このズレはなぜ起きるのかが問題です?
それは、ご存知のとおり、筋肉のアンバランスにより起こります。
(もちろん、先天性や解剖学的異常による構造の歪みはあります)
姿勢の歪みの多くはこの筋肉のバランスが悪くなった結果です。

では、なぜ、筋肉のアンバランスが起きるのか?
神経機能の不活性(サブラクセーション)な状態がそうさせます。
それをよくしているのがカイロプラクティックです。
では、なぜ、神経バランスが崩れるのか?

(※:多くの治療は様々な角度から、バランスをとるといった意味では
ここまでの治療しか施されていません = 機械論的治療 )

これがストレスによりもたらされます。
ストレス=心の制限です。

ですから、心身条件反射療法EFTではこの大元の制限を解放
させることに目的があります。

よって、大元の制限が解放され、ストレス因子がなくなり、通常の
神経バランスの働きを再起動させ、筋肉活動が正常になれば、
自然と落ち着く場所に骨は落ち着きます。
その落ち着いた結果が、その人にとっての最適なバランスとなります。
ですから、そこで“いわゆる歪み”が取れている場合もあれば、
そのまま歪んでいる場合もあります。
この場合は、異常ではありません。

よって、腰椎のズレを治すという考え自体がナンセンスです。
腰椎のズレやヘルニアなどによる構造の異常があるから
痛みがあると思っているから、現代医学では
“いわゆる腰痛”や“肩こり”が治せないのです。

もっと、大元の原理原則に目を向ければ、自然と見えてくると思います。
多くの医師をはじめ、多くの治療家が、毎日、臨床に携わっていて
この矛盾に気付かないのがむしろ不思議に思います。
いや、気付いているけど、気付かないフり・・・をしているのでしょうか?
あるいは、どうしようもないと思っている。
はたまた、それは自分たちには関係のないことだと思っているのか・・・。


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-09-24 02:49 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


月曜日から甲状腺の腫瘍について、良性か悪性か騒がれていましたね。

今朝のニュースで記者会見をしており、検査の結果は、良性とのこと。
良かったですね  o(^▽^)o

そこで知事よりこんなコメントがありました。
僕の覚えているニュアンスなので正確なことばではないので悪しからず。

「原因は知事になってから、公務の忙しさで、自分でも気付かないところで、
ストレスがでた結果だ」
と言ってました。
そもそも、ストレスとは自分で気付かないからストレスであって、
それを結果として報告してくれるのが病気という因果です。

イライラすることや、嫌な気持ちになることが本来のストレスではないのです。
すなわち、ストレスとは心の制限であり、それ以上でもそれ以下でもない。
ただそれに気付こうよというものです。そして気付いたら改めようということです。
改めなければ同じことの繰り返しを招くという、簡単な答を誰も気づかない。

今のあなたの生活習慣や考え方が、自分本来の気持ちから逸脱してますよ、
だから改めてくださいねと、あなたの耳元で語りかけるあなたの守神が病気だとしたら、あなたは感謝の気持ちを持つことができますか?

視点を変えると、病気も感謝の塊ですね。病気は辛いものです。
これはなった本人にしか分からないものです。
だからこそ、自分がその辛さから何を学びとれるかしかないんでしょうね…
あなたの代わりに誰も気付くことはできませんからね。
「あなたに私の気持ちの何が分かるのよ」と叫んでみたところで、
自分の心の制限には自分で自分のことを分かるしかないでしょう。

でも、その気持ちを受け入れることができた人は、同じ境遇の人の気持ちに共感
することができるでしょう。それが思いやりです。
そんなときは、答えを与えるのではなく、自分の経験したことの心をそっと、
相手に与えてあげる。そこに治癒が生まれ、いいエネルギーの歯車が動き出す
ことでしょう o(^-^)o


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-09-06 13:41 | 病気とストレス

b0035080_2395595.gifb0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


今朝のはなまるマーケットのはなまるカフェのゲストは浅田美代子さんでした。
なにげなく、テレビを流し聞きしていたら、浅田さんの飼っているペットの話題でした。
大の犬好きらしく、何匹かわんちゃんを飼っているようで、そのうちの一匹がかなりの
老犬で心臓が悪くて、自分が病院へ行くよりも、動物病院へ行く方が多いと言っていた。
そんな話のなかで、「うちの子は、カイロの治療をうけてるんですよ!」って。

そしら・・・

やっくん(薬丸さん):「カイロって・・・?」

浅田さん:「整体ですよ」 う〜んちょっと違うけどまあいいやと聞いていました。

やっくん:「えぇ〜犬がバキバキやるんですか?」って吃驚の様子。

浅田さん:「いえいえ、違うんですよ。そこは注射器の様なものパチパチするんですよ。
そしたら、うちの子も気持ちいいのか、治療が終わると爆睡するんです」って

やっくん:「それ気絶してるんじゃないですか? 大丈夫ですか?」って
なかば呆れたような、馬鹿にしてるような・・・

浅田さん:「いや、気持ちいいんだと思いますよ だって、いびきかいて寝てますから」


あぁ〜これはアクティベーターカイロのことだなと。なんだかうれしくなりました。
ってことは、知り合いの先生で診てる先生がいるのかと(笑)
守秘義務があるので誰もいいませんが、きっとそうだと確信しました。
だって注射器みたいのでパチパチってね(苦笑)
ぼくの患者さんでも、よく注射器の親玉でパチパチされるっていいますからね。
世間の認識はカイロプラクティックのアクティベーターメソッドという治療法だとは
誰も覚えておらず、きっと注射器のようなもので治すと認識してるんでしょうね。

で、さらに面白かったのが、確か佐藤浩市さんって言ってたと思うけど(違ってたらごめんなさい)、亀を愛しているようで、そのペットの亀の治療もそこで受けてるらしいですよって。
ちなみに浅田さんは佐藤さんから紹介してもらったらしいです。

そしたら、やっくん、おおうけ!

亀ってどうやって治療するんですか?
甲羅があって亀引っ込んじゃいますね的なことを言ってました。

そうだよなぁ、普通に考えたら、犬を治療すること自体も、考えられないけど、
ましてや亀を治療するなんて考えられないですもんね。
でもね、治療できるんですよ、動物でも。
いわば赤ちゃんを治療するときと同じで、代理検査をすれば、治療できるんです。
ぼくは、動物の経験はありませんが、最近はご縁があって、赤ちゃんや乳児を診る
機会もちらほらあるので、同じことです。

おもしろいでしょ?動物も治療できるって。
ぼくの患者さんで、獣医さんがいるんだけど、その方がそのうちアクティベーター
勉強する予定なので、日本初の獣医さんとしてのアクティベーター認定の先生が
誕生すれば、もっと知名度があがるかもしれませんね。
はやく、その先生に受講して頂きたいと密かに願っています。


b0035080_2395595.gifb0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-08-03 01:16 | 病気とストレス