my patient drew my portrait for me!


by ha_art
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
1日目はこちらから
2日目前半はこちらから

【2日目後半(2009.9.20)】
初日の仕事を無事に終えました。さぁ〜これからお楽しみのお食事会です。
メンバーは受講者数名とAさんのお知り合いの方々がお集り下さり、歓迎会をして下さいました。

上海の家庭料理が食べられるお店でした。お店の名前は知りません!! すみません。。
いかんせん今回はおまかせっぱなしだったもので、詳しい名称や場所はあまり記憶していないのです。なんでもこのお店、地元上海人の方もご存知無かったのですが、知る人ぞ知る美味しいお店の様です。確かに、ロケーションも表通りから少し奥に入った細い路地にありました。店内も個人まりした感じでしたが、女将さんは80年代のアフロテイストでインパクトのある派手な方でした (;゜0゜)

さっそく、青島ビールで乾杯〜〜!!

(※一口メモ:中国式乾杯 広い中華テーブルを囲んでの乾杯は、テーブルの上でグラスをトントンする。ちなみに乾杯したら最後まで飲みほすのが流儀だとか。)

後は、おまかせする事、お料理がガンガン運ばれて来ました。一つ一つの説明は出来ませんが、上海料理というのはどうやら甘い味付けが多いようです。なんでも、上海人は辣いのが苦手のようです。中国は広いので、地方によって言葉も料理も全然違うそうです。てっきり辣いものが好きなもんだと勝手に決めつけていたので、正直、ビックリしました。

甘辛煮きり醤油テイスト的(甘い豚の角煮といえば想像がつくでしょうか?)な料理が多いので、わりと日本人の口に合うものばかりで、とても美味しかったです。中国と言えば、蛇やなんやら得体の知れない食材が多いというイメージがあったのです。怖るべしステレオタイプ。無知とは怖いものです。

食事をしていると、奥の席から度々白人さんが我々のテーブルを覗きのくるのですが、これがマリナースのイチローさん そっくりなんです w
どうやら漢字が分からない上に彼女がベジタリアンなのでどの料理なら食べられるのかを偵察していたようす。

〆はチャーハンと春雨だっかかな?
最後の方はお腹一杯で何を食べたか覚えてません。

取り合えず、一次会終了!!
たらふく食べましたぁ みなさんご馳走様でした
本当に美味しかったです v(^_^v)♪


お次は 受講生の方が経営しているというジャズバーにお邪魔する事になりました。
SOUND BULEというお店で、どことなくBULE NOTEを思い出すようなとても雰囲気のよいお店でした。NYにいた頃は、BULE NOTEをはじめグリニッチヴィレッヂ辺りのジャズバーにルーミーと聞きに行っていました。やっぱりジャズは生の響きが最高です。

b0035080_23552958.jpg


b0035080_23555152.jpg

サックスを吹いてるのがオーナー


日本にいると文化的なことに触れなくなってしまうのはなぜだろうか・・・?
日本は何かにつけて高いことと、心にゆとりがもててないからなのかなぁー?
なんだか寂しいなぁー、もっと教養文化に触れる生活を送れるようなゆとりをもてるようにしよっと ♪( ´θ`)ノ

この日はピアノの演奏とオーナーさんがサックスのセッションをしてくれました。
とても心地よい響きでした♬ が、しかし 余りにも心地が良いので早々に眠気に誘われてしまいました ♪( ´▽`)

ホテルは偶然にもこちらのBARの近くだったので、ホテルへ戻りばたんきゅーでした。

肝心の目覚ましの時間を確実にセットして深い眠りにつきました ( ´ ▽ ` )ノ

これでバッチリ☆彡


PS. これ書いてて思ったんですが、写真全然撮って来なかったなぁ、いつも料理食べた後やその場を立ち去った後に気付くんだよね・・・(T_T)

つづく
[PR]
# by ha_art | 2009-10-07 00:10 | セミナー
1日目はこちらから

【2日目前半(2009.9.20)】
あぁ~~~しまったぁ!!!
初日からやってしまたぁ!!!

朝、目覚ましで目がさめて青ざめました・・・。

時差の計算をしていなかったのです。
日本時間のままの携帯の目覚まし。
一気に目が覚めたので、しばし冷静に考えてみることに。

助かりました。時差は1時間。
しかしも、日本より中国の方が1時間遅かったのです。
あぁ~よかったぁ~ ^^; フゥ~。

すなわち目覚ましセット時間が7時(日本時間)、実際は6時(中国時間)でした。
なんだか、損したような、得したような。
ここは、ひとつポジティブにとらえて、ツイテル、ツイテル☆
いやいや、実際には本当にツイテましたよ、これが逆だったら完全にアウトですもんね。

さっそくシャワーを浴びて、お出かけ準備。
やってくれました!!いきなり、シャワーヘッド掛けの留め具がグラグラ・・・。
これでは、シャワーヘッドが固定できません。さすが中国と楽しくなってきました。
シャワーの水を出し、水圧をあげるとシャワーヘッドがグラグラしているので、
水がとんでもない方向へ飛んで行きます。
しかたがないので、水圧をさげ、ちょろちょろと滴り落ちてくる水でなんとか
シャワーをすませました。
実は、もう一つ、固定されたシャワーがついていたのですが、これも切り替えスイッチ
が固くてうごきませんでした。これが使えれば問題はないのですが・・・。

※ 夜、知り合いの方に頼んで、直すように交渉したら、切り替えスイッチの方が
カッチと切り替わったので、これでOKと、なんとか使えるようになりました。
ちなみに、ヘッドホルダーは直す気がないようです。

さて、シャワーも済ませ、コーディネーターのAさんとの待ち合わせ時間は
8時だったので、それま散歩することにしました。

b0035080_243062.jpg

ここがとまったホテル


ホテルの周辺をぐるっと回りました。

b0035080_251540.jpg

散歩1


日曜日の朝だというのに、やたらに人が多い!!
チャリや電動自転車・バイクがじゃんじゃん走ってる。
中国の人は、朝から元気がいいなぁと関心しました。

b0035080_254158.jpg

チャリとバイク


ちなみに、あとで知ったんですが、僕がみた光景は
全然人がいない方だそうです。平日はさらにすごいと!

散歩ついでに、コンビニをみつけてお買い物を済ませました。
なんと、ホテルにティッシュが設置されていなかったのです!
ホテルでティッシュが置いてないところは初めてでした。

そろそろ散歩を終えて、Aさんとの約束の時間になったのでホテルのロビー
へ行きました。これから、Aさんにローカルの朝ご飯を案内してもらうのです!
最近の上海は、屋台といいますか、道の外へ出ての商売ができなく
なってきているそうで、以前にくらべてそういった店が減ったとか。
それでも、ローカルの人たちが集うところへいくと、あちこちにいろいろな
お店がありましたが、最初に、焼売と肉まん、中国式のラッパー(薄いクレープ
のような皮に甜麺醤と卵となにやらを挟んだもの)を購入し食べました。
これは、どれを食べても美味しかったです。しかも、めちゃ安。
多分、数元くらいだったと思う。
お腹も満足したので、豆乳を飲みながら、しばし、周辺を散策。

b0035080_261216.jpg

ローカル風景1


市場があると言うので、ついでに見学に行きました。
NY時代に、マンハッタンのチャイナタウンで相当鍛えていたので、
それほど、カルチャーショックを受けることなく、淡々と見て回りました。
でも、正直、衛生的とは言えない状態で、これを食べているのかと思うと
すこし・・・な気分でしたが、そこは気にしない。

b0035080_27184.jpg

市場・・・中の様子はお見せ出来ません w


あぁ〜次に見たところには、かわいい鳥(鶏?)さんがいるではないですか。
あっ  いきなり頸椎アジャストしやがった。。
そう、生きた鶏を絞めいたのです。そしてすかさず、機械に通して
なにやらぐったりのご様子に。。熱湯に突っ込み一気に皮をベリ〜っと。
思わず、一部始終をじっくりと観察してしまいました。
ありがとう鶏さん、あなたのおかげで美味しいチキンを昨夜もいただきましたよ
と心の中で感謝しつつ、冥福を祈りました。

b0035080_273059.jpg

ローカル風景2


気を取り戻して、セミナー会場へ向かいました。
初日の会場はAさん宅。
さっそく、マッサージベットの用意を始めましたが、ここでも ^^; でした。
さすが、made in china。つくりが適当といいますが、むしろ面倒くさい。
こちらで、使っているものと見た目はかわりませんが、細部が操作がしずらい。
そんなことにイライラしても仕方がないので、触らぬ神に祟りなしと
あまりいじらず、そのまま使うことにしました。

時間になり、人も集まって来たので講演をはじめることに。
今回は、とってもシンプルに短い時間でしたが、あらかじめ
受講者の方達からのアンケートによって3つのテーマ絞って
お話をさせて頂きました。

テーマ
1)カラダとココロ(感情)の関係(人の仕組み)
2)病気はなぜおこるのか?
3)その関係から観た治療法とは?
ココロとカラダの関係性のデモンストレーション

受講者の方達がとても真剣に聞いてくださるのでついテンションが
あがって来てしまいました。テンションがあがってくると声が
大きくなります。普段の治療でもそうですけどね。
いつもうるさいと思っている患者さんがいたらごめんなさい。
そして、テンションがあがってくると突っ込んだ話に脱線していくので
すかさず、ツッコミをいれるように事前に打ち合わせをしておきました w
あまり脱線することはなかったと思いますが、話に夢中になり
つい終了時刻を間違えてしまい、デモの時間がなくなるという失態に。

急ぎではありましたが、一応デモも交えての説明ができて終了。

とても分かりやすかったとご好評をいただきましたが、
もっと分かりやすく話すべきではなかったかと反省しています。
また次の機会があれば、改善していきます。

なんとか講演を終えて、これから今日明日と残りの時間は
個人セッションを行う予定です。
下は小学生のお子さんから上は70代のベテランさんまで
沢山のご予約を頂きました。
一人一人の問題については、あえてここでは書きませんが、
セッション終了後は、とてもみなさん穏やかな顔つきで
心身ともに癒されたご様子でしたので、安心しました。

一人一人と関われた時間は短かったのですが、ココロとカラダを
通して、各々のテーマや気付きを得て頂けたのではないかと
思います。この経験を通して、今後のご自身の健康と
幸せに少しでも、寄与できたのならば幸いです。
どうか、まずはご自分を大切にしてくださいね☆


さて、なんとか無事1日目の講座を終えることができました!!
夜は、お待ちかねのお食事会です。
ちょっと、話が長くなったので、一旦ここまで。

後半につづく・・・
[PR]
# by ha_art | 2009-10-05 02:27 | セミナー
【1日目(2009.9.19)】
おひさしぶりでございます。
ちょっと気を抜けば、夏も終わり晩秋の候ではございませんか。
ぼやぼやしていると今年もアットいう間に終わっていそうですね。

前回のブログでも書きましたが、今年の夏はサーフィン復活!!
を目標に掲げていたので、一応目標達成ですが、結局そのあとは
行けずじまいで、夏が終わっちゃいました・・・
これからの季節行くには、勇気の前に、体力がありませんなぁ。。
筋トレもしなきゃ・・・。私の知り合いには黙ってて、怪我をしてても
筋トレする集団はおりますが、とてもじゃないけど真似できそうも
ありません。

さて、先日のシルバーウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は、半分仕事、半分遊びで初の上海へ行ってまいりました。

現在、上海在住の日本人の患者様(Aさんとしておきましょう☆)がおります。
帰国するたび、治療に来ていただいておりますが、この方、
ディクシャ(インドのエネルギーワークのようなもの?)にも精通しておられます。

ココロとカラダの関係性の大切さを、より多くの方に伝えたいと思っているそうですが、
エネルギーの観点から説明しようとすると、どうしてもスピリチャル的な要素が強くなり、
怪しいもの、はたまた宗教と勘違いされてしまうようです。
(↑この気持ちよくかわかります(W))

私も、入り口は違いますが、Aさん同様にココロとカラダの重要性を説く一人であります。
そんなAさんが、私の治療を受けていて、これならもっと多くの人にわかりやすく
ココロとカラダの大切さについて理解してもらえるに違いないと思ったそうです。

カラダから入ることで、ココロの重要性に気付く方もいれば、
ココロから入ることでカラダの重要に気付く方もいます。
人それぞれに、違った見方がありますから、我々の一番、身近な体と病気が、
ココロとどのように密接に関係してるのか、ひいては、その先のエネルギーとはなんなのか?
ということを、是非とも講演して欲しいということになり、
上海での講演と個人セッションを行うことになったのです。

一日目
成田空港から上海浦東国際空港へ出発!!
成田発が19時なので、上海へ着いたのが21時を過ぎていました。
(日本との時差、1時間、楽チンですね☆)

空港までは、コーディネーターのAさんともう一人Nさん。
(お出迎えありがとうございました。初の中国でドキドキしていました。)

空港からホテルへ向い、とりあえず、チェックインを済ませました。
ロケーションは新天地の近くで、わりと良いところでしたよ。
お値段もと~ってもリーズナブルなのに、快適でした。
笑える箇所はいくつかありましたが、それは中国なのでよしとします。
正直、思っていたより全然快適でしたから、感謝☆感謝☆です。
ある人の、中国談だと、シャワーの水が茶色かったとか、
便器と浴槽がチグハグでどないなっとんねん!!ってことがあったそうなので。。

チェックインを済ませた後は、とりあず腹ごしらえ!!ということで
新天地エリアのお洒落なお店に連れて行ってもらいました。

b0035080_16413652.jpg

wikiより

もともとあった古い建物を再開発したエリアで、外人ばかりでした(欧米化!)
おっと、ここでは、自分もガイジンでした・・・。
あれ?? 中国に来たのに、ヨーロッパにいる気分になりました。

バッファローウィングとビールで乾杯!!
今日の〆はこれでおしまい。

そういえば、誰か蚊に沢山くわれていたなぁ・・・w


つづく?のか・・・w
[PR]
# by ha_art | 2009-10-01 16:49 | セミナー
b0035080_253196.jpg


本当にチョー久しぶりの日記です
5ヶ月振りですかね?ご無沙汰しておりました

何度も 「早く更新しろ!」とか 『どうしたのか?」
と心配されましたが 別にどうってことはなかったんです

単に 忙しかったということを言い訳に さぼっていただけなんです

はい ごめんね ごめんねぇ〜〜!!

今月は 誕生日を迎え その時に沢山のメッセージを
くださった方々へ ここで改めて感謝を申し上げます

皆様のお陰で、無事にまたひとつ良い歳を迎えることができました

ありがとうございます☆

で 今週は久々の連休で 懐かしい友人達と集まり
かれこれ何年振りでしょうか?
久しぶりにサーフィン復活を遂げたので これを機に
blogも久しぶりに復活するべと 書いてみました

いや マジで 何年ぶりの復活だろう?
確か 最後にサーフィンしたのが・・・?
ってくらい覚えてません

学生時代は結構 海 行ってたんですけどね
働きだしてからは さっぱり で
ご存知の通り、オフィスでは地下にこもりっぱなし
なので ここ数年は 美白するつもりじゃないんですけど
真っ白でした(苦笑)

昨日は 海の日ということもあり
毎年 この時期は かつてのサーフィン仲間と
集まりBBQを楽しみます

その前に 海に行ってきたんですよ!!

チョーなめてました・・・
海がこんなにキツいなんて

パドリングがキツいキツい
沖に出るのがやっとですわ

なんとかテイクオフしようとおもったら

あれ? 腕に力がはいらない・・・
全然起きれないじゃん

板にへばりついたまま 撃沈しました

あぁ〜 海の水ってこんなにしょっぱかったっけ?
と思うより はるかに自分がショッぱかったっす・・・

なんとか 気力を取り戻して 沖へgo!!!

あれ? 今度は 腕がまわらない
もう 腕がガチガチ

パドリングできないのね・・・

そして自分に言い聞かせる!
「ここであきらめたら もう前には進めない」
「できるか できないかじゃない」
「続けるか 続けないか やるのはお前だ」と

前方に見える 波待ちのにーちゃん目指して
「あそこまで がんばれ!!」と自分に励ましながら
少しづつ 沖へ

なんとか でれたものの お尻と足の筋肉が
なんか ヤバい・・・

このまま ここにいたら 足つって 溺れる・・・
それだけは 避けなければならない

急いで引き返すことに

しかし 戻るに戻れない

ちょっと パドリング すると

あれ? ヤバい つりそう・・・
何度か体勢を取り戻しながら 波を待つ

そして ようやく 2度目のテイクオフのチャンス!!

おぉ〜 やった!! 立てた!!
久しぶりの 波乗り 最高!!!
波に浮かぶ 感覚 なんともいえない感動!

やった おれ いま乗れてんじゃん^^
たった数秒の波乗りだったんだろうけど
もう すこぶる満足

早々に 浜にあがって終了

もう腕 あがらないっす。。
自然をなめてました ごめんなさい

また、鍛えて 出直します・・・

その後は 楽しいBBQの団欒で
本当に 楽しい休日でした

みんな ありがとう!!
[PR]
# by ha_art | 2009-07-21 02:05 | 独り言

駆け込み…

先月は、なんとか理由を付けて更新をしましたが、結局、今月は一度も更新することはなかった…

流石に賞味期限切れのものを食べる気がしない

ネタはいくつもあったのだが、やはり話題というものも、旬をすぎるとうまくないものである

ネタは新鮮なうちにさばかなくてはならないことを痛感している

話しは少しそれるが、やる気というものも、「鉄は熱いうちに打て」という諺があるように、心に熱いものがあるうちに叩かなくてはならない

そう考えると、やはり宇宙(自然の法則)はスピードが大切だという理由が頷ける

インスピレーション(=ひらめき・答え)は、いつでも降りてきている

本当は、降って湧いてくるがごとくである

しかし、私のような凡人には、それを活かしきれていないことに気がついた

スピードという行動が必要なのである

なるほど…

多く成功哲学で語られる、引き寄せの法則のルールがまさにコレなのだ

そう考えると、日常生活のなかで、いかに「旬」を逃し腐らせてしまっていることが多いのだろう…
成功を夢見るならば、やはり足元から見直さなければならない、大いに反省すべきである

怪我の巧妙はとよくいったものである。
痛い思いをしないと己を改めることは、難しいのかもしれない

しかし、何度、痛い思いをすればよいのだろうか(笑)
そう考えると、痛い思いをしてまで、同じことを繰り返す、人間という生き物は、痛みを味わい、楽しむために、生まれてきたのではなかろうかと思ってしまうほどである


さて、今日は朝からブログを更新できなかった言い訳を書くつもりが、なかなか良い気づきを得たものである

今日から3日間、アクティベータのセミナーが湯布院で行われるため、羽田で待機中なのです。

それでは行って参ります
[PR]
# by ha_art | 2009-02-27 07:55 | セミナー