my patient drew my portrait for me!


by ha_art
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:アクティベーター ( 13 ) タグの人気記事

駆け込み…

先月は、なんとか理由を付けて更新をしましたが、結局、今月は一度も更新することはなかった…

流石に賞味期限切れのものを食べる気がしない

ネタはいくつもあったのだが、やはり話題というものも、旬をすぎるとうまくないものである

ネタは新鮮なうちにさばかなくてはならないことを痛感している

話しは少しそれるが、やる気というものも、「鉄は熱いうちに打て」という諺があるように、心に熱いものがあるうちに叩かなくてはならない

そう考えると、やはり宇宙(自然の法則)はスピードが大切だという理由が頷ける

インスピレーション(=ひらめき・答え)は、いつでも降りてきている

本当は、降って湧いてくるがごとくである

しかし、私のような凡人には、それを活かしきれていないことに気がついた

スピードという行動が必要なのである

なるほど…

多く成功哲学で語られる、引き寄せの法則のルールがまさにコレなのだ

そう考えると、日常生活のなかで、いかに「旬」を逃し腐らせてしまっていることが多いのだろう…
成功を夢見るならば、やはり足元から見直さなければならない、大いに反省すべきである

怪我の巧妙はとよくいったものである。
痛い思いをしないと己を改めることは、難しいのかもしれない

しかし、何度、痛い思いをすればよいのだろうか(笑)
そう考えると、痛い思いをしてまで、同じことを繰り返す、人間という生き物は、痛みを味わい、楽しむために、生まれてきたのではなかろうかと思ってしまうほどである


さて、今日は朝からブログを更新できなかった言い訳を書くつもりが、なかなか良い気づきを得たものである

今日から3日間、アクティベータのセミナーが湯布院で行われるため、羽田で待機中なのです。

それでは行って参ります
[PR]
by ha_art | 2009-02-27 07:55 | セミナー

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


5月の不安定な天気と違って、週末は本当に良い天気でしたね。
6月だというのに、梅雨らしくないですね。
むしろ、5月の方がずっと雨だったように思います。

さて、そんな晴天の中、今年も「24時間グリーンチャリティーリレーマラソン in東京ゆめのしま」が14-15日に行われました。もう、今年で7年目の大会になります。年々、参加者が増え、今年は約2500人の人達がエントリーしたそうですよ。

アクティベーター・ネットワーク・ジャパン(ANJ)では、4年前より、治療のボランティアとして、毎年参加させて頂いております。今までは、無料ボランティアで選手の方々やサポーターを治療してきました。今年は、株式会社ブルータグの協賛で、初のチャリティー治療を行いました。

ワンコインチャリティーとして、特別に金額の設定は行いませんでしたが、皆様のお気持ちを頂戴致しました。ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
このチャリティーで募金して頂いたお金は、ANJより東京緑化基金ブルータグ株式会社に寄付され、アスリートの為有効に使われます。

個人的には今年で3度目の参加になりますが、毎年、同じ状況で治療をさせて頂いていると、自分自身の治療技術や対応の仕方に成長を感じられます。
初めて、参加したときは、ひっきりなしに来る状況に、ただただ対応していたように思います。

昨年は、いかに結果を出すかに、拘りすぎていたように思います。結果として、治療に時間がかかりすぎたり、無駄な刺激が多かったように思います。今年は、ANJのスタッフの立場として、山中先生と現場監督を兼ねての治療でしたので、新米の先生のサポートがてら、治療をさせて頂きました。

今年の目標は、いかに最小限の治療で、最大限の治療効果が出せるかを目標設定し、主にベーシックの治療に専念しました。結果、あまり時間をかけることなく、一人一人のニーズに応えながら、満足して頂けたように思います(自己評価高すぎ!?)。

全体の評価としては、今年は、今までのように無料ではなく、チャリティーで行ったので、やたら滅多、人が集まることなく、主に選手で、走るに当たっての不調箇所を愁訴としたケースが多かったように思います。

その為、治療もしやすく、ランナーである選手に一番のメリットが得られたのではないかと思います。それでも、無料の時ほど、行列にはなりませんでしたが、常時1時間待ちくらいの列でした。

そして、このマラソン大会も年々、参加者が増えていくなか、ANJの活動も少しずつではありますが、認知されてきているように思います。うれしいことに、去年もこの治療を受けて、「凄く良かった」「おかげで走れた」「今年も頼む」といった声を頂けるようになりました。

普段から治療をさせて頂いている私の患者さんも、エントリーされ走られたようです。自己ベストには届かなかったようですが、それなりに走れた様子でした。走り終わった後は、ちゃんと治療を受けに来てくれました。普段から治療しているかたを、こうした場でもケアできることは本当に嬉しいことです。わざわざ、差し入れまでもってきて頂きまして、本当にありがとうございます。

来年も、是非、参加したいと思います。現場での治療は本当に大きな価値のある体験だと思います。ランナーの皆様、本当にお疲れ様でした。そして、ANJをはじめ、地方からも駆けつけて下さった先生方、ありがとうございました。


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-06-20 01:27 | ボランティア活動

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


いやぁ〜みなさんご無沙汰しておりました・・・。
気がつけば、5月が終わってしまいましたねぇ〜。
4月後半から5月は私事でバタバタしておりました。

一度、さぼり癖がつくとなかなか書く気になれなくて。
しかも、最後の話題が花粉症。
もう終わっちゃいましたしね。
やはり話題性はタイムリーでないと面白くないですもんね。

という訳で、本質的は答えは来年に回します。(気が向いたら書きますけど)
ありがたいことにこんなブログでも読んでくださる方がいて、花粉症の続きを
期待していますなんてメールも頂いたのですが‥‥。

正直、自分の分析した結果、もう忘れてしまったというのが本音でしょうか。
しかも、中途半端な治療で花粉症が終息してしまったので、結果的になにが
よかったのか分かりませんしね。きっと、来年もでるでしょうから、一から
やり直します。

さて、言い訳はこの変で終わりにしましょう。

楽しみにしていた、みなさんごめんなさい。

実はですね〜。今日は大変だったんですよ。
朝、通勤電車のなかで、平日ほど満員電車ではなかったのですが、
ちょっと込み合った車内で、横の人にぶつからないように気を遣ってたって
いたんですね。そしたら、左の腰に妙な違和感がムズムズと出てきたんです。

その時はあまり気にせずにそのまま立ってたんですが、その違和感が段々強
くなってきて、立っているのが少々つらいなと‥‥。
そこで、次の駅で、座席が空いたので、座ったら。。。

あら? あらら? なんか へん ‥‥???

腰を落とすと痛いような。
「気のせいだよな」と。

しかし、段々痛みが増していく。
ココロの中でマズい と。今日は忙しいしなぁ。。

でも、その現実を受け入れたくない気持ちと、気のせいにしたい気持ちとが入
り交じり。なんとか、神保町の駅に着き、ゆっくりと立ちあがるものの、やは
り痛い。恐る恐る歩くとさらに痛みが増してゆく‥‥

幸いなことに、腰をそらす分には痛みがまったくなく普通にできたので、
なんとか朝一の患者さんの治療を開始しました。

ちょっと違和感ある動作だったのですが、なんとか治療ができました。
それは、アクティベーターの治療だったからです。
これは、テーブルを高くして、Dr.は腰を屈める必要がなく、まっすぐ立ったまま
治療ができるのです。

今日ほど、自分がアクティベーターの治療家であることに感謝したことはないです。
アクティベーターは患者さんにやさしいだけでなくDr.にもやさしい治療法だったのです。

双方にとってメリットのある治療法はすばらしい!!
今日のような状態では、とても手技での治療はできなかったと思います。
長い間、治療をしていくためには、患者さんのためだけでなく、やはりDr.にも
やさしい治療法が一番です。Dr.が故障していては、やはり治療はできませんからね。

ここで一人目の治療が終わり、天の声が!!
次の患者さんが、キャンセルになりました。
これは引き寄せの法則でしょうか?

これで、しばらく時間を稼ぐことができたので、院長にお願いしてアジャストメ
ントをしてもらいました。20°くらいしか曲げることができなかった腰が、一
瞬、40°くらいまでは、動かせるようになったのですが‥‥。

次の瞬間、さっきまでは立って腰をそらす分にはまったく問題なかったのですが、
立っていても腰が痛いのです。
さぁ、困った。

これでは、次の患者さんの治療ができない‥‥。
そこで応急処置として、湿布を腰に張ることに。
こうして、次ぎの患者さんの治療を開始しました。

最初のうちは、ぎこちない動きで怪しかったのですが、アジャストが効いたのか、
湿布が効いてきたのか不明ですが、痛みと腰の張りが少し緩和されてきました。
最初がVAS(主観的な痛みのスケール10がMAX)=9とすると、このときVAS=7
はくらいになっていました。こうして、なんとか最後まで治療を無事終えること
ができました。ふ〜う(汗)。。。。

そして営業を終えた後、今度は自分の治療を。
再度、院長にお願いして、ストレッチとPNFで筋緊張を緩めてもらいました。
かなりガチガチになっていた模様。痛いのなんの。

でも、おかげさまで、だいぶ動けるようになり、腰は50°くらい、VAS=5くら
いまで回復(^^V)

そこで、今度は原因追及治療!!
今回のギックリ腰の原因を探るために、同期でおなじアクティベーターPCRT
治療をしている先生に、「SOS」の電話をしたら快く駆けつけてくれました。
ありがとう〜〜〜〜^^

最初にアクティベーターを施し、この時点でさらに改善しました。
前屈60°、VAS=4

ここから、PCRTで原因追及へ。

結果から言うと、「自分への不甲斐なさ」がストレスになっていたようです。
あることをきっかけに、あることに対して、潜在意識のなかでは、ある方に対
して、羨ましいという思いが。

その裏に隠されている本音は、その方はあるものを手にしている、
でも、自分にはそんなもの手に入れることができない、それがなんとも
不甲斐ない自分に思えてならなかったのです。

正直、くだらない問題で、自分でもそんなこと気にしていることに驚きましたが、
やはりカラダというやつは正直ですね。こうして治療は一件落着。

さぁ〜て、あら不思議。

腰は80°ほぼ正常。VAS=1まだ腰の奥に若干の痛みと張りを感じましたが、
もう正常の時と何ら変わりなく、動けています。自分で、目の当たりに、ギッ
クリ腰を体験し、感情にて、改善されると、満更、自分でやってきたことが間
違いでなかったことに感動します。そしてなによりも、当たり前に動けること
がこんなに有り難いことなのかと再認識させられたよい経験ができました。

今までも、仙腸関節のギックリ腰は何度も経験していますが、腰部起立筋のギ
ックリ腰を経験したのはこれが初めてです。本当にいい経験をしました。一日
でこれだけ、ドラマティックにさまざまな体験ができ、結果的に良い結果が得
られたのも、院長はじめ、忙しい中駆けつけてくれた、仲間の先生のおかげで
す。そして、自分の信念を貫き、信じてきた治療法に感謝です。

明日がまだ、少し心配ですが、まぁ、問題ないでしょう♪

こうして、おさぼりブログがまた再会すればよいのですが‥‥。

腰もブログも復活劇!!




b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-06-01 02:45 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


第二日目(2月18日)

翌朝は、保井先生のファミリーカイロで、実技指導や実技評価について、話し合いがもたれました。
まずは、一人ひとりの下肢長検査をビデオに撮り、皆で、どこがおかしいか、癖はないかなどのご指導を徹底的に受けました。

映像でみると、自分の行っている下肢長検査を客観的にみることができ、どこで癖が生じているか、はっきりと確認することができました。
自分で思って行っていることと、姿に表れる結果は違うものだということがよく分かりました。

そう考えると我々、人間は、常に自分思考でなんでもできると考えていても、やはり他人からの評価のほうがより、現実的であるということですね。

すなわち、人の言うことは当たってるということです。

そのことに、腹を立てたりするのは、己が未熟ということですね。また見方を変えると、他人から注意をうけるということは自分を変える、格好のチャンスでもあるという認識をしっかりと持ちたいものです。注意をしてくれる人間がいるということは、大変有り難いことなのですね。

さて、つぎに実技試験のインストラクターの試験評価法に一貫性をもたせる意味での、評価法の再確認をしました。

そこで、私が受験生という立場で、実際の試験を受けました。

急な申し出に、かなり緊張しましたが、平常通りやってみました。

緊張していたせいもあり、いつもはしない手順を踏んだり、あやうく、度忘れしそうになり、ヒヤリ、ハットもんでした(笑)

だって、インストラクター全員のチェックを受ける訳ですよ。。。

まぁ、あぶないところもいくつかあったものの、合格ラインを超えることができたので、一安心でしたが、あれで不合格だったら立場ないっすね・・・。ふ~緊張した。

ここで午前中は終了。お昼は、近くの中華料理屋さんへ。ここの定食もとてもおいしかったです。

そしていよいよ、午後は各先生方のプレゼンテーションです。

今回のテーマは「患者教育」でした。

直前まで、ホントなにを発表してよいのやら、なんとか徹夜続きでやっつけました。この辺は学生時代からつくづく変わっていないですね。試験やレポートのやっつけを思い出します(苦笑)
よく、某先生とゴニョゴニョしたもんです…(-"-;)

私の内容はとてもはずかしいので詳しくは言いませんが、それぞれの先生に共通して言えることは、患者さんとのコミュニケーションをいかにして持つか。そして、術者の価値観の押し付けにならないよう、原点にもどることのようでした。
結局、いままで分かったつもりのようになっていて、実は何も分かっていなかったのは自分なのだという、我が身を振り返る本当によい機会になったと思います。

今まで、自我を思いっきり与え続け、不快な思いをさせてしまった多くの患者さんにここで謝りたいと思います。

本当に、未熟ですみませんでした。また、それでも、今現在ついてきてくださる患者さんには、本当に感謝しています。
ありがとうございます。

そんな気づきの機会を与えてくださったANJにも深く感謝致します。

ANJの先生方・スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

これで、今回のカンファレンスは終了となりました。

さてさて、会議が終了しても、福岡グルメのツアーは続くのでした。

私は、個人的に、どうしても行きたい場所があったので、会議が終わるや否や、ひとり、とある場所へ、直行しました。
それは、筑前国一之宮、筥崎宮(はこざきぐう)へのお宮参りです。

夕暮れ時、社務所も終いかけるちょうどその時。なんとか間に合うことができ、無事、御朱印を頂くことができました。
まぁ、これは趣味の一環なんですが、せっかく、初の福岡ですから是非、一宮参りをしたいと思っていたので、これも無事済ますことができ、ご満悦です。

そして最後の〆は・・・。

博多といえば、そう!モツ鍋!!

他の先生方には、お参りしている間に先に行って頂き、あとから合流しました。
いやぁ~、さすが。絶品でした。

最後は、だし汁の中にちゃんぽんを入れていただきスープがなくなるまで煮立てて、すりゴマをたっぷり入れて食べるという、初のスタイルに大満足。

こうして、最後の最後まで、福岡グルメを堪能しつくした、よいカンファレンスでした。皆様、本当にありがとうございました。

PS.翌日、匂いが気になった患者さん、ごめんなさい・・・。

 こういう理由だったんです(苦笑)


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-03-02 00:22 | セミナー

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


皆さんこんいちは。セミナーに出かけたまま更新をサボっていました。

申し訳ございません。あまりに、更新されないので、一部の噂では何者かに、抹殺されてしまったのではないかというデマが広まりつつあったそうですが、おかげさまでピンピンしております。

なぜ?そのような噂がたったのかは不明ですが・・・(笑)

第一日目(2月17日)

羽田空港で先生方と待ち合わせ、一路福岡へ!!

しばしのフライトで福岡へ到着。

初の九州・福岡にワクワクしつつ、これからどんなことが起こるのかと一抹の不安が入り混じる。

空港へ着くや否や、愛染明王にお出迎えされ、ひとりココロ和んでおりました。
外を見ると、雪がちらついてるじゃありませんか!

九州でも雪は降るんですね・・・。

(ちなみに、私は、本州西へは広島までしかいったことがありません)

さて、始発の便で福岡入りを果たした訳ですが、会議に向かう会場の通り道に、長浜ラーメンの発祥の地であるラーメン通りがあるということで、腹が減っては戦はできぬと、朝っぱらから長浜ラーメンを食すことに。

朝からラーメン?とお思いかもしれませんが(いや、正直私も思っていましたが)、地元の方は、中国でいうところのおかゆでも食べにくるのかと思うくらい、バンバン食べに来ていたので吃驚しました!

そして、さっそく食すことさらに吃驚!!

とんこつラーメンでものすごいコッテリしているのかと思いきや、じつにあっさりでスープもさらさらで、思わず、替え玉を頼もうかと思うくらい、ススッ胃袋に入ってしまいました。

ある先生は、はじめは行くのに乗り気ではなかったのに、しっかりスープを一滴残らず食していました。

腹ごしらえをしっかり済ませ、いざ会議へ・・・。

午前中は今年度のセミナー規約や今後のことについて話しあいをし、事なきを得て終了。

昼食は、稚加榮(ちかえい)という料理屋へ連れて行って頂きました。
地元でかなりの人気店のようで、常に行列の様子。店の真ん中は、水族館かと思うほど、水槽や様々な魚介類が暮らしていました。そこから、すぐにさばいてくれるらしい…。

待つことしばし、定食がきて、その理由が分かりました。

かなりボリューム満点で品数が多く、お料理はどれもおいしく、なによりも、博多明太子でも有名なだけに明太子のチュウブが食べ放題で、これだけでもご飯が何杯でもいけてしまうほど、おいしかったです。(実際は、お茶碗いっぱいでお腹いっぱいになりましたが)

午後からは保井先生のNLP(神経言語プログラミング)の講義を受けました。ここでは、コミュニケーションから得られる情報の重要性や、どのように患者さんと友好的にコミュニケーションがとれるかを改めて、勉強しなおすことができて大変勉強になりました。

また、いくつかのエクササイズを通して、自分でも気がついていない感情に気がつくことができ、驚きでした。

こうして第一日目のカンファレンスを無事に終え、新年会をかねた、夕食へGo!!

夜は、御膳屋という料理屋へ連れて行って頂きました。

主に料理は、ふぐ料理で、ふぐ刺し、ふぐ鍋、ふぐの唐揚、ヒレ酒、活きたイカ刺しなど、どれを食べても絶品でした。
福岡はなにを食べてもおいしいといわれる訳が分かりました。

もちろん、おいしいところへ連れて行った頂いたからに他なりませんが。

宴会終了後は、福岡といえば、あそこでしょう・・・。

そうそう、あこそ。。

川沿いの中洲の屋台街。そんなイメージがあるのは私だけでしょうか?

そんなわけで、中州の屋台へ出かけました。

といってもさすがに、もうお腹へは入りませんので、雰囲気を味わいに、一杯だけひっかけて帰りました。

ホテルは天神で、綺麗なホテルでゆっくりとくつろぐことができました。

PS.余談…
慣れとは恐ろしいものです。電車の乗り降りの時ですが、いつもパスモを使っているので、切符を買い、改札を通す習慣がありません。
つい切符も買わずに行こうとするわ、改札を通る際に、無意識で財布を取り出し、かざそうとしている自分にビックリ致しました。


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-03-01 09:52 | セミナー

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


患者さんのブログより

【トラックバック記事】
いつものカイロへ。
今までの癒し系先生がいなくなってしまったので、前回は院長さん。そして今回はもう一人の先生。この際、いろんな先生のいろんなやり方を体験してみたいと思って。

前の先生は関節を調整していくやり方で、院長先生は筋肉を調整するやり方だそうで。
関節の場合は、その日一日はふにゃっとして虚脱状態になるんだけど、院長先生の筋肉技はその場でシャキっとして速効性がある感じ。

そして今回の先生は、「機械をつかって主に心理面から治療していくんです」と聞いていて、磔台みたいなところに操り人形のように鎖でつながれて、言葉責めにされるんじゃないか、と妄想していたのですが。・・・more

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相談・質問・疑問等ございましたら、お気軽に下記のコメントに
メッセージを残してください。

個人的なご相談はメールでも受けつております。
psychochiropractor@yahoo.co.jp

治療院情報はこちらから^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ハーモニー カイロプラクティック オフィス オブ ナチュラルヘルス

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-19-4
OBELISK JINBOCHO 1F
フリーダイアル 0120-622-768
E-mail : chiro-oasis@nifty.com
URL   : http://www.chiro-oasis.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-11-30 20:04 | ☆患者さんの声☆

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


先週は、ほぼまるまるセミナーだった。
3つのセミナーが一週間に一同に重なったのは初めての経験で、結構疲れましたが、得る物も大きく非常に充実した時間を頂きました。

治療は夕方までで、夜、治療を受けたかった患者さんにはご迷惑をお掛けしました。
この場でお詫びします。

①長生学高級班セミナー
20日から5日間ありました。毎回、台湾から老師がボランティアで来日し、チャクラの開穴をしていただける大変貴重な有り難い講座です。今回は、高級班で創始者の林子珍老師と魏裕峰老師から直接、ご指導を賜りました。これで、100%宇宙エネルギーが通せるようになりました。この長生学はボランティアで、慈善基金会で運営されており、誰でも学べます。そして、チャクラを開穴して頂くと、誰でも宇宙エネルギーを通せるようになります。

②日本建築医学協会 設立一周年記念講演会
23日の勤労感謝の日は、日本建築医学協会の一周年記念セミナーに招待され、ゲストで参加させて頂きました。井上事務局長ありがとうございました。
そうそうたる有名な先生方のお話が聞けて、非常に参考になることが多く、勉強になりました。この建築医学は非常に奥が深い分野です。今後、ますます重要な位置づけになることは間違いありません。医療は単に、人間だけではなくなってきています。すべての環境と人間という場を診なくてはなりません。

絶対お奨め☆

③ANJ第1回国内AMCTシンポジウム & Track3セミナー
最後に24日・25日はアクティベーターメソッド・ネットワーク・ジャパン主催の第1回国内AMCTシンポジウム & Track3セミナーが開催されました。
シンポジウムは「有機的治療への第一歩」というテーマで、「腰痛は怒りである」の著者、TMSジャパン代表の長谷川淳史先生を講師に迎え、講演をしていただきました。その後、パネルディスカッションや症例報告などもあり、非常に充実した内容でした。ぼくもEFT代表のパネラーとして、ディスカッションさせて頂きまして光栄でした。続いて、症例報告で簡単な研究を発表させて頂きました。
このうよな機会を与えてくださった、ANJの先生方に深く感謝を捧げます。

著:長谷川淳史 腰痛は<怒りである>

著:長谷川淳史 腰痛は終わる!

いかに現代医療における腰痛治療が根拠のない説明をされているか。世界の論文のデーターを集め、訴えかけている長谷川先生の結集です!!!

b0035080_1485066.jpg

長谷川淳史先生と記念撮影


b0035080_1491770.jpg

パネルディスカッションの様子


このように、なかなか内容の濃い時間と経験と学びができたのも、ひとえに皆様のお陰です。感謝します。ありがとうございました。


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-11-29 01:46 | セミナー

b0035080_2395595.gifb0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


今朝のはなまるマーケットのはなまるカフェのゲストは浅田美代子さんでした。
なにげなく、テレビを流し聞きしていたら、浅田さんの飼っているペットの話題でした。
大の犬好きらしく、何匹かわんちゃんを飼っているようで、そのうちの一匹がかなりの
老犬で心臓が悪くて、自分が病院へ行くよりも、動物病院へ行く方が多いと言っていた。
そんな話のなかで、「うちの子は、カイロの治療をうけてるんですよ!」って。

そしら・・・

やっくん(薬丸さん):「カイロって・・・?」

浅田さん:「整体ですよ」 う〜んちょっと違うけどまあいいやと聞いていました。

やっくん:「えぇ〜犬がバキバキやるんですか?」って吃驚の様子。

浅田さん:「いえいえ、違うんですよ。そこは注射器の様なものパチパチするんですよ。
そしたら、うちの子も気持ちいいのか、治療が終わると爆睡するんです」って

やっくん:「それ気絶してるんじゃないですか? 大丈夫ですか?」って
なかば呆れたような、馬鹿にしてるような・・・

浅田さん:「いや、気持ちいいんだと思いますよ だって、いびきかいて寝てますから」


あぁ〜これはアクティベーターカイロのことだなと。なんだかうれしくなりました。
ってことは、知り合いの先生で診てる先生がいるのかと(笑)
守秘義務があるので誰もいいませんが、きっとそうだと確信しました。
だって注射器みたいのでパチパチってね(苦笑)
ぼくの患者さんでも、よく注射器の親玉でパチパチされるっていいますからね。
世間の認識はカイロプラクティックのアクティベーターメソッドという治療法だとは
誰も覚えておらず、きっと注射器のようなもので治すと認識してるんでしょうね。

で、さらに面白かったのが、確か佐藤浩市さんって言ってたと思うけど(違ってたらごめんなさい)、亀を愛しているようで、そのペットの亀の治療もそこで受けてるらしいですよって。
ちなみに浅田さんは佐藤さんから紹介してもらったらしいです。

そしたら、やっくん、おおうけ!

亀ってどうやって治療するんですか?
甲羅があって亀引っ込んじゃいますね的なことを言ってました。

そうだよなぁ、普通に考えたら、犬を治療すること自体も、考えられないけど、
ましてや亀を治療するなんて考えられないですもんね。
でもね、治療できるんですよ、動物でも。
いわば赤ちゃんを治療するときと同じで、代理検査をすれば、治療できるんです。
ぼくは、動物の経験はありませんが、最近はご縁があって、赤ちゃんや乳児を診る
機会もちらほらあるので、同じことです。

おもしろいでしょ?動物も治療できるって。
ぼくの患者さんで、獣医さんがいるんだけど、その方がそのうちアクティベーター
勉強する予定なので、日本初の獣医さんとしてのアクティベーター認定の先生が
誕生すれば、もっと知名度があがるかもしれませんね。
はやく、その先生に受講して頂きたいと密かに願っています。


b0035080_2395595.gifb0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-08-03 01:16 | 病気とストレス

b0035080_2395595.gifb0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


24時間グリーンチャリティリレーマラソン in 夢の島

最近、日記を書くことをさぼっていたせいで、かれこれ2週間以上も過ぎてしまったボランティア治療につてい簡単に書きます。

どうも、さぼっていてスミマセン・・・

b0035080_1304355.jpg

※どこかで見たことあるひとですね・・・


今年で3回目のANJの参加のボランティア治療ですが、去年に引き続き今年も参加させて頂きました。
毎回、ボランティアに参加すると本当に良い勉強になります。
なにより、現場で結果をださなくては、選手のサポーターになれないからです。

今回は、感謝で始まり感謝で終わる。そんな感じのいいサポートが出来たと思います。なぜか、一番最初に診させて頂いたからは、「本当に楽になりました」と握手をされ、良い笑顔で走っていかれたのが印象的でした。そして、最後に診させて頂いた方も、痛くて「もう走れないんじゃないか」という不安な顔から、本当に嬉しそうに「これならまた走れる」といっていたあの笑顔が忘れられません。

ボランティア治療に参加するたびに、実は内心、いつも結果が出せるか不安でビビッてた自分がいましたが、それなりに、自分も成長しているのか、落ち着いて対応できるようになっていることに自分で関心しました。
いつも、凹んでばかりなので、たまには自分を褒めるのも良い気分です。

b0035080_131357.jpg


さて、今回のボランティアでは、ぼくなり基準では、基礎を取りこぼさず、選手のバランスを取り戻し、すこしでもバランスの良い状態で、走って頂く事に要点をおきました。これには、あまり時間をかけないと言うこともミッションの一つです。
なぜなら、年々の評判のお陰か、並んでまで治療に受けに来て下さる選手が沢山おられたので、一人でも多くの方をサポートさせて頂くためです。ありがとたい事です。
なかには、走ることに痛みが条件付けされているかたもいるので、そう言った方は、どうしても、その場で痛みをとっても走れば、直ぐに痛みが戻ってきてしますので、原因も治療させて頂きました。

こうした、現場で治療していると、いかに現代医学に矛盾があるかよくわかります。最後に診た方は本当に良い例だと思いますが、こちらの治療ブースに来る前は、救護室で足を氷で冷やして炎症を抑えていましたが、通常、あのままでは
もう走れなかったでしょう。しかし、故障した原因をちゃんと突き詰め、ストレスをとってあげると、その場で、痛みがなくなり、走れるようになりました。
痛みとは、単なる炎症ではないということです。
原因は、一言で言うと「恐れ」でした。ここでは、詳細は省きますが、
練習前からの「恐れ」や以前怪我をしたときの「恐れ」が原因となり
足が痛くなり、走れなくなったようです。単なる捻挫にもそうなる
因果関係があると言うことですね。

そんなこんなで、忙しかったけど、非常に勉強になり、そして感謝の笑顔を頂けたことがサポーターとしてなによりも嬉しかったことです。

b0035080_1312132.jpg



b0035080_2395595.gifb0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-06-09 01:29 | ボランティア活動

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


この週末はアクティベーターの今年最後のセミナーが行われた。
AMCTのセミナーは久しぶりであったが、やはり今回も出席してよかったと
思えるようないい気づきができた。
一番の目的は、資格維持のため、年に一度は単位をとらなければならない。
しかし、このAMCTのセミナーの一番の醍醐味は、下肢長検査のお互いの
修正である。普段、一人で臨床を行っていると、どうしても自己流の癖が
ついてくる。この癖をつけてしまうと、間違っていてもそのままとなるとことが
一番怖い。だから、たまにセミナーに参加して、自己流を矯正してもらったり
自分の治療が正しくできているのかを、インストラクターの先生方にみて
もらう必要がある。
今回は出席数の多い先生から順に班に分かれた。
僕は、2番目の班に配属された。
1番目と2番目の班は、ディレクターの保井先生の担当の班だった。
ここでは、5分でベーッシクの治療を行い、その後に、ディレクターが矯正の
取りこぼしがないかをチェックするというトレーニングを行った。
今回は、1つも取りこぼすことなく、治療できていた。
これは少しは成長しているということなのだろうか?
嬉しいが、気が抜けないのが下肢長検査。
これからも、気を抜くことなく、自分に厳しく精進していこうと思う。


最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2006-11-14 23:57 | セミナー