my patient drew my portrait for me!


by ha_art
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
早いもので 「も~いくつ寝ると~ぉ~正月~♪」 ですね ( ~っ~)/

今年も残すところ僅かとなりましたね。
今日は今年最後の心身条件反射療法のセミナーでした。

前回のセミナーで、初認定を頂き、スタッフとして、参加させて頂きました。

今年は、治療家として、大きなパラダイムシフトした年となりました。

一番の革命は、今年の夏だったと思います。

とあるご縁を元に、宇宙エネルギーを自在にコントロール出来るようになりました。

この「エネルギー」の存在を知ることによって、本当に大きな革命が自分の中に起こりました。

一言でいえば、肩の荷がおりた感じです。

我々は、宇宙エネルギーを元に、ただ生かされているということが腑に落ちたように思います。

そう思えた瞬間、ありのままが「有り難い」と思えるほどの感謝の念が“自然”と湧いてきます。

本来、「有り難い」とは、当たり前に“有る=存在”ことが“難い” という意味らしいです。

すなわち、当たり前に存在していることが、そもそも奇跡のよなものだから「ありがたい」んだよと。だから、感謝しようね ということなんですね。

そんな感謝する気持ちを素直に感じながら、今年最後のセミナーを受けることができて、とても幸せです。

セミナー終了後に、スタッフミーティングをしながら、お互い成長しあって生かされていることを再確認しました。

来年も、更なる飛躍と社会のお役に立てるような団体を目指して成長していけたらと思います。

セミナー会場は、いつも浜松町の日赤会館で行われるのですが、そこから見える東京タワーをアップします。今日は、何のテーマか分かりませんが、いつもと違うライトアップでした ( ̄∀ ̄)

この東京タワーも数年後には、過去の存在と化してしまうのでしょうか…
b0035080_234013100.jpg

(*携帯カメラじゃ、ブレてますね)


あぁ~、まだ明日のプレゼンの資料が完成していない…
そうそうに帰って仕上げるか (ToT)

師走は、なんとなく忙しい…

今年のやるべき事は、まだ沢山ありますなぁ…p(´⌒`q)

皆さんも、来年の良いエネルギーを引き寄せするためにも
今年の汚れ(ネガティブ思考)は、今年のうちに落としましょう~ね (^◇^)┛
[PR]
by ha_art | 2008-12-06 23:40 | セミナー

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


いやぁ〜みなさんご無沙汰しておりました・・・。
気がつけば、5月が終わってしまいましたねぇ〜。
4月後半から5月は私事でバタバタしておりました。

一度、さぼり癖がつくとなかなか書く気になれなくて。
しかも、最後の話題が花粉症。
もう終わっちゃいましたしね。
やはり話題性はタイムリーでないと面白くないですもんね。

という訳で、本質的は答えは来年に回します。(気が向いたら書きますけど)
ありがたいことにこんなブログでも読んでくださる方がいて、花粉症の続きを
期待していますなんてメールも頂いたのですが‥‥。

正直、自分の分析した結果、もう忘れてしまったというのが本音でしょうか。
しかも、中途半端な治療で花粉症が終息してしまったので、結果的になにが
よかったのか分かりませんしね。きっと、来年もでるでしょうから、一から
やり直します。

さて、言い訳はこの変で終わりにしましょう。

楽しみにしていた、みなさんごめんなさい。

実はですね〜。今日は大変だったんですよ。
朝、通勤電車のなかで、平日ほど満員電車ではなかったのですが、
ちょっと込み合った車内で、横の人にぶつからないように気を遣ってたって
いたんですね。そしたら、左の腰に妙な違和感がムズムズと出てきたんです。

その時はあまり気にせずにそのまま立ってたんですが、その違和感が段々強
くなってきて、立っているのが少々つらいなと‥‥。
そこで、次の駅で、座席が空いたので、座ったら。。。

あら? あらら? なんか へん ‥‥???

腰を落とすと痛いような。
「気のせいだよな」と。

しかし、段々痛みが増していく。
ココロの中でマズい と。今日は忙しいしなぁ。。

でも、その現実を受け入れたくない気持ちと、気のせいにしたい気持ちとが入
り交じり。なんとか、神保町の駅に着き、ゆっくりと立ちあがるものの、やは
り痛い。恐る恐る歩くとさらに痛みが増してゆく‥‥

幸いなことに、腰をそらす分には痛みがまったくなく普通にできたので、
なんとか朝一の患者さんの治療を開始しました。

ちょっと違和感ある動作だったのですが、なんとか治療ができました。
それは、アクティベーターの治療だったからです。
これは、テーブルを高くして、Dr.は腰を屈める必要がなく、まっすぐ立ったまま
治療ができるのです。

今日ほど、自分がアクティベーターの治療家であることに感謝したことはないです。
アクティベーターは患者さんにやさしいだけでなくDr.にもやさしい治療法だったのです。

双方にとってメリットのある治療法はすばらしい!!
今日のような状態では、とても手技での治療はできなかったと思います。
長い間、治療をしていくためには、患者さんのためだけでなく、やはりDr.にも
やさしい治療法が一番です。Dr.が故障していては、やはり治療はできませんからね。

ここで一人目の治療が終わり、天の声が!!
次の患者さんが、キャンセルになりました。
これは引き寄せの法則でしょうか?

これで、しばらく時間を稼ぐことができたので、院長にお願いしてアジャストメ
ントをしてもらいました。20°くらいしか曲げることができなかった腰が、一
瞬、40°くらいまでは、動かせるようになったのですが‥‥。

次の瞬間、さっきまでは立って腰をそらす分にはまったく問題なかったのですが、
立っていても腰が痛いのです。
さぁ、困った。

これでは、次の患者さんの治療ができない‥‥。
そこで応急処置として、湿布を腰に張ることに。
こうして、次ぎの患者さんの治療を開始しました。

最初のうちは、ぎこちない動きで怪しかったのですが、アジャストが効いたのか、
湿布が効いてきたのか不明ですが、痛みと腰の張りが少し緩和されてきました。
最初がVAS(主観的な痛みのスケール10がMAX)=9とすると、このときVAS=7
はくらいになっていました。こうして、なんとか最後まで治療を無事終えること
ができました。ふ〜う(汗)。。。。

そして営業を終えた後、今度は自分の治療を。
再度、院長にお願いして、ストレッチとPNFで筋緊張を緩めてもらいました。
かなりガチガチになっていた模様。痛いのなんの。

でも、おかげさまで、だいぶ動けるようになり、腰は50°くらい、VAS=5くら
いまで回復(^^V)

そこで、今度は原因追及治療!!
今回のギックリ腰の原因を探るために、同期でおなじアクティベーターPCRT
治療をしている先生に、「SOS」の電話をしたら快く駆けつけてくれました。
ありがとう〜〜〜〜^^

最初にアクティベーターを施し、この時点でさらに改善しました。
前屈60°、VAS=4

ここから、PCRTで原因追及へ。

結果から言うと、「自分への不甲斐なさ」がストレスになっていたようです。
あることをきっかけに、あることに対して、潜在意識のなかでは、ある方に対
して、羨ましいという思いが。

その裏に隠されている本音は、その方はあるものを手にしている、
でも、自分にはそんなもの手に入れることができない、それがなんとも
不甲斐ない自分に思えてならなかったのです。

正直、くだらない問題で、自分でもそんなこと気にしていることに驚きましたが、
やはりカラダというやつは正直ですね。こうして治療は一件落着。

さぁ〜て、あら不思議。

腰は80°ほぼ正常。VAS=1まだ腰の奥に若干の痛みと張りを感じましたが、
もう正常の時と何ら変わりなく、動けています。自分で、目の当たりに、ギッ
クリ腰を体験し、感情にて、改善されると、満更、自分でやってきたことが間
違いでなかったことに感動します。そしてなによりも、当たり前に動けること
がこんなに有り難いことなのかと再認識させられたよい経験ができました。

今までも、仙腸関節のギックリ腰は何度も経験していますが、腰部起立筋のギ
ックリ腰を経験したのはこれが初めてです。本当にいい経験をしました。一日
でこれだけ、ドラマティックにさまざまな体験ができ、結果的に良い結果が得
られたのも、院長はじめ、忙しい中駆けつけてくれた、仲間の先生のおかげで
す。そして、自分の信念を貫き、信じてきた治療法に感謝です。

明日がまだ、少し心配ですが、まぁ、問題ないでしょう♪

こうして、おさぼりブログがまた再会すればよいのですが‥‥。

腰もブログも復活劇!!




b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-06-01 02:45 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


花粉症の方々には、まだまだ憂鬱な季節が続きますね・・・。
今年は飛散量が多めだとか。5月くらいまでは続きそうですね。
なにを隠そう、私も花粉症の一人です。
もっと早く花粉症対策に対するネタを書こうと思いつつ、
今に至ってしまいました。

さて、私事の症状は、3月中旬くらいから始まりました。
薬を飲まなくてはいけないほどの症状はありませんが、
治療中にハナタレ小僧になると治療に集中できなくなることと
患者さんに失礼に当たるのが、悩みどころ。
もともと、私は、小さいころからアレルギー体質で、ハウスダストを
はじめ、年がら年中、鼻水や鼻血を垂らしていました(苦笑)
しかし、以前のブログに書きましたが、心身条件反射療法(PCRT)にて、
鼻炎の治療をしていらい、本当、ウソのように鼻がスッキリするようになり、
いつのまにか、ティッシュの使用量が圧倒的に減りました。
今考えると、鼻をかむために、どれだけのティッシュを消費して
いたのでしょうね?エコではありませんね・・・。

要するに、PCRTにて、鼻炎はほぼ解消されたものの、
まだ取り残された問題!!それが「花粉症」です。

なかなか自分ごととなると真剣に治療しないのがいけませんね。
しかし、それでは、アレルギー治療をしている人間として説得力に
かけるうえ、やはり、辛い。
患者さんがよくなるのは、嬉しいが、自分も治さなくては!!

そこで、先日より数回、PCRTをやっている同期の先生に治療をしてもらいました。
私の花粉症のココロは・・・

秘密です(笑)

それは冗談ですが、後ほど詳しく書くとして、
今日は、一般的な花粉症対策のお話をしようと思います。
なぜなら、いきなり本質的な話をしてもチンプンカンプンでしょうから。

花粉症対策その1 予防!!
つまり、マスクをして花粉から隔離すること。
ものすごく一般的過ぎて、つまらない!?(笑)
いや、そう言われても、一番、手っ取り早いですからね。
あくまでも対策の話ですからね(汗)
「そんなこと言われんでも知っとるがな!!
そんなん、ええからもっと、ええ話、教えんかいな!!」
と突っ込みが入りそうなので、ええ話を一つ。

最近のマイヒット商品はフマキラーより出ている
アレルシャット
(ここなら、メール便で送料80円で、お値段もお得です!!)
これは、なかなか、いいですよ!!
マスクをしなくても、軟膏で鼻の粘膜を守ってくれるので、
マスクをしたくない人や、マスクを出てきな環境にいる人には
お勧めです!!
しかし、欠点がひとつ。
1日に3~5回塗ってくださいとありますが、鼻をかむたびに
軟膏がとれてしまうので、その度に塗りなおさなくてはいけない。
これが、少々、軟膏だけに難航ですな(爆)と一人オヤジギャグです・・・。

あぁ、また「どつくど!!」と突っ込みが・・・。

あと、究極の一品が、「鼻セレブ」。
決して、鼻が高くなり、ハリウッド俳優のように鼻がセレブになるということじゃないですよ。
ティッシュがセレブなんですよ。
もう愛用者がかなりいるかもしれませんが、使い心地が抜群です。
私の同期の先生の愛用品で、発売当初から人に勧めまくっていました(笑)
最近では、さまざまな花粉症用のティッシュもあるようですね。
みなさんも是非、自慢の一品を見つけてくださいね。

そんな訳で、今日のお話はここまで。

続く・・・?。


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-07 17:14 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


神経伝達物質の一種を運ぶタンパク質の正体をつかんだらしいです。
その名も「小胞型ヌクレオチドトランスポーター(VNUT)」。
このタンパク質が神経で痛みを伝達するのに一躍を担っているそうです。
このタンパク質を神経間で働かせなくすると、ATPがうまく伝わらなくなり
結果として、痛みを伝える経路を邪魔するらしい。
これを応用した薬が開発されるときっと痛みを感じなくなる
ひとつの手段となるでしょうね。
でも、よくよく考えてみると恐ろしいことです。
だって、痛みは感じて、正常なのです。
それを意図的に感じなくするのは、むしろ異常ではないでしょうか?

例えば、恋人に手紙を書いたとしよう。
いつも手紙を送り続けているのに、届いた手紙をお父さんが勝手に
捨てているために、娘さんには手紙の存在は伝わらない訳です。
これでは、送り主は可哀想ですね。
カラダもココロからのメッセージを受け取れなかったら悲しいですね。
本質をごまかしていたら、いつまでたってもこのカップルは
相通じ(愛通じ)ませんね。カラダとココロも愛が通じないと
決して、健全には働けないことはもうお分かりですね?


痛みの"運び屋"発見 岡山大、頭痛治療に期待

記事:共同通信社
提供:共同通信社

痛みにかかわる神経伝達物質の一種を運ぶタンパク質を、岡山大の森山芳則(もりやま・よしのり)教授(生化学)のチームが発見し、米科学アカデミー紀要電子版に25日発表した。

この運び屋タンパク質は30年以上前から存在が知られていたが、正体がつかめていなかった。

「小胞型ヌクレオチドトランスポーター(VNUT)」と命名。痛みのほか血管収縮にも関係しており、森山教授は「この働きをじゃまできれば、頭痛や高血圧治療に役立ちそうだ」と話している。

森山教授らは3年前、このタンパク質をつくる遺伝子を人で偶然発見。これが神経で働かないようにすると、痛みなどを伝達する物質の一種ATPが、神経間でうまく伝わらないことを人や動物の実験で突き止めた。

このタンパク質は神経の末端にある「シナプス小胞」という袋状の微小器官にATPを運び込む役割があり、ATPは小胞に貯蔵された後、外部に放出されて痛みなどを伝達するらしい。

長浜バイオ大(滋賀県長浜市)との共同研究。




b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-06 01:17 | Medical News

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


健康とは?非常に定義し難いテーマであります。
私たちにとって、真の健康とはなんなのでしょうか?
むしろこれは、WHO憲章に基づく、健康の定義ではなく、一人ひとりが思っている健康こそ、健康なのではないでしょうか?すなわち、本人が健康と思えば健康である。
そこで、あなたが考える、「私の健康の定義」を教えてください。

ちなみに、私が考える「健康の定義」は、【重度な身体的苦痛がなく、生きていることに、毎日、生きがいを感じ、イキイキとエネルギッシュにあふれ、笑顔の絶えない、明るく充実感にあふれた生活を送ること】だと思います。生きている間には、当然、不快・不調に感じることや、喜怒哀楽に左右されながら、生活を送ることもあるでしょう。でも、それは当たり前のことであって、その起伏の変化に富みながらも、先にあげた、幸せと充足感に満ち溢れていれば、満足に生活することができると私は思います。

皆さんの健康の定義を是非、シェアーしてください。
意外にも、自分の常識が人と違っていたり、当たり前だと思っていたことが、当たり前でなかったり、様々な気づきがあるかもしれませんよ。あくまでも、自分だけの健康の定義なので、だれがなんと言おうと、それで良いのだと思います。そして、いろいろな意見に触れながら、私もじっくり考えてみたいと思います。なかなか、考えることのないテーマだけに、一度、真剣に考える価値のあるものだと思いますよ。
たくさんのコメント随時、お待ちしております^^


b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-04-03 15:56 | 病気とストレス

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


昨日、渋谷 RUIDO K2 にて、 Swamp Delta Rockcafe’
「ベストヒット SDR 2008 ツアー」の初日公演に行ってきました!!

いやぁ、熱かったっす(会場内も熱かったですが・・・)!!。
正直、今まで一番いいライブでした^^)v ホント、よかった。ファンも増えてきているようで、満員御礼でした。

今回は、Best Album「Complete Best」発売記念ツアーです。
いままでのSDRの全てが詰め込まれた良い作品です。
みなさん、是非是非、ご購入あれ!!

昨日は、改めてLIVEの良さ、音楽の良さを実感しました。
途中、ボーカルの岡本さんの悲しき歌(愛しき人にささげた歌)に、泣きそうになりヤバかったですが、その次の曲はノリノリの選曲で、なんとか持ちなおしました。

音楽って、やはり、五感に直接訴えかける力がありますよね。
例えば、思い出の曲を聴くと、瞬時に、当時の事を走馬燈に思い出される経験は誰もがお持ちだと思います。悲しい曲を聴けば、悲しくなるし、楽しい曲を聴けば楽しくなるし、これほど、瞬時に喜怒哀楽を自らの感覚でコントロールできるのは音楽ならではであることを再認識しました。アートの力、恐るべし!!
普段、感情のコントロールが下手な人は、音楽をうまく組み合わせ、悲しい曲、嬉しい曲、寂しい曲、楽しい曲、怒りの曲など、自分にあった曲のレパートリーを見つけ、なんとなく、自分の感情をうまく発散できないときには、音楽を利用し、上手に感情を開放しておけば、自然とバランスを保てるようになるかもしれませんよ。そして、最後には、必ず、元気になる曲を聴くことね!!!これ大事ですからね。人間の脳は、一つのことに、意識を傾けている時は、必ず、もう片方の意識を削除しなくてはなりません。すなわち、楽しい曲を聴いて、気分が乗っている時には、嫌でも悲しい感情は削除しなきゃいけませんからね。

さてさて、ついつい自分の専門分野に話がそれてしまいましたが、音楽はいいということです。
理屈じゃなくて、感性で感じるものですから。

SDRのキーボードの平ちゃんとは、高校の頃、一緒にバンドをやっていた仲間です。
仲間の成長している様子は、自分事のように嬉しいものです。
昨日のライブを見ていて、ふと昔のことを思い出しました。
自分たちはかつてコピーバンドをしていたのですが、いつかきっと、SDRをコピーしてくれる子達が現れる気がしました。コピーって、著作権とかいろいろな縛りがあるけれど、コピーをされると言うことは、ある意味一人前ということですよね。だって、いいものだからこそ、コピーされるわけで、いいものじゃなければ、誰もコピーしない。なんて、ふと思いました。
だらか、SDRもいつか、コピーされるようなバンドに成長して欲しいと思います。
「みんな、がんばれ!」は彼らの曲ですが、ホントに頑張って欲しいです。

ではでは、ツアーがんばってくださいな!

b0035080_1474744.jpg

b0035080_148717.jpg



b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2008-03-20 01:55 | 独り言

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


【トラックバック記事】
ハーモニーカイロプラクティックオフィス

鈴木先生、朝倉先生

8月末から先週まで鈴木先生と朝倉先生に治療をしていただいた○○です。今までにない、何かとても不安になるような背中と首の痛みが数日続いており、病院に行っても湿布薬と消炎鎮痛剤くらいしか処方してもらえないことは承知していましたので、なんとか自分で対処してみようとマッサージをしたりしていましたが症状は改善しませんでした。 …more

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相談・質問・疑問等ございましたら、お気軽に下記のコメントに
メッセージを残してください。

個人的なご相談はメールでも受けつております。
psychochiropractor@yahoo.co.jp

治療院情報はこちらから^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ハーモニー カイロプラクティック オフィス オブ ナチュラルヘルス

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-19-4
OBELISK JINBOCHO 1F
フリーダイアル 0120-622-768
E-mail : chiro-oasis@nifty.com
URL   : http://www.chiro-oasis.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-12-20 18:49 | ☆患者さんの声☆

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


【トラックバック記事】
※名前等個人情報が特定される内容を除き、そのまま登載します。

朝倉先生、

ドイツの○○(患者さんご本人)、○○(息子さん)親子です。 
こちらへ帰りまして、早くも一ヶ月が経ちました。
その後の経過を報告致します。…more

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相談・質問・疑問等ございましたら、お気軽に下記のコメントに
メッセージを残してください。

個人的なご相談はメールでも受けつております。
psychochiropractor@yahoo.co.jp

治療院情報はこちらから^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ハーモニー カイロプラクティック オフィス オブ ナチュラルヘルス

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-19-4
OBELISK JINBOCHO 1F
フリーダイアル 0120-622-768
E-mail : chiro-oasis@nifty.com
URL   : http://www.chiro-oasis.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-12-18 00:57 | ☆患者さんの声☆

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


筑紫哲也さんの癌からの経験談。
無常だからこそ感謝。これが本当の感謝なんですね。
我々は、分かったつもりになっていることが多い。
それは、自分も含めて言えることだと思います。
体験を通して、心から感情が溢れあがり涙する。
こんな経験は一度はしたことがあると思います。
でも、その心を突き動かした気持ちはいまもあるだろうか?
いや、すぐに忘れてしまう・・・。
それが人間なんでしょうね。
だから、それを経験するためにまた同じ失敗を繰り返す。
そして、気がつく。その時、心の底から感じるもの。
それが「感謝」。
「感謝しよう」、「感謝する」、「感謝している」とよく使う。
この中で、本当の感謝は、するものではなく気づくものだと思います。

また、このお話の中で、原因と結果の混同について分かりやすく説明されている。
病気は結果であり、原因ではない。原因はストレスにあるんだと。
原因と過程と結果を混同してはならない。


がんと闘う筑紫哲也さんに聞く 無常だからこそ感謝

記事:毎日新聞社  提供:毎日新聞社
【2007年11月26日】

特集ワイド:がんと闘う筑紫哲也さんに聞く 無常だからこそ感謝

 紅茶2杯で3時間。斜光の入るレストランの個室で、筑紫哲也さん(72)は終始ニコニコしていた。「がんは面白い病気」と語れるようになった筑紫さんは今、無常だからこそ輝く人生を、そのありがたさを感じているという。【藤原章生】

 事務所のある赤坂のビルまで迎えに上がると、青いシャツに黒のジャケットというラフな格好で下りてきた。療養中にしては、はつらつとしている。

 半年ぶりにテレビ出演した先月は、つけ毛が話題になったが、「生えてきたので、今は自毛です」と少し恥ずかしそうな顔をした。「もともと髪が多いから、局で『視聴者がショックを受ける』なんて言われて、つけ毛にされて。でも、嫌だから自分でばらしたんです」

 以前、お会いしたのは2年前。日比谷のホテルのバーでアフリカの話をした。もともとがヘビースモーカーなので、灰皿が吸い殻の山になった。

 病後、たばこをやめた。困ることが出てきた。大好きなマージャンと原稿書き。「一服できないと、全然面白くない」。長年愛してきたのはハイライトとマールボロの赤。ニコチンが強く、のどに強い圧迫感のある本物のたばこだ。

 「長生きには、吸わないのがいいのか、吸うのがいいのか、議論のあるところでね。たばこで死ぬ人も、糖尿など食い過ぎで死ぬ人もいる。もう一つは、たばこや食に急ブレーキかけて、そのストレスで死ぬ人。屁(へ)理屈だけど」

 論は勢いを増す。「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。人類が発明した偉大な文化であり、たばこの代わりはありませんよ。これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね」

 でも、そんな文化ががんをもたらした、と向けると、「そうとも言えない」と首を振る。「肺がんに直結しているようだけど、たばこは引き金で、本当の原因はストレスなんです」

 たばこが原因だとは今でも思っていないのだ。

 ◇「Must(-ねばならない)」から「Want(-したい)」へ

 *原因

 では、どのようなストレスがあったのか。「簡単に言えば、Must(-ねばならない)が多すぎた。だからMustからWant(-したい)に変えればいい。でも、長年、僕を知る人は笑う。『お前は好きなことしかやらないじゃないか』と」

 それでも、TBSテレビの「ニュース23」に出ずっぱりというのは、やはり負担もあったのだろう。「そう。僕は約束を破ったり、会議に出なかったり、いいかげんなんですが、放送は18年間、月曜から金曜まで1秒も遅刻せずにやった。自分がやりたいことだから、苦痛はなかった。東京だけにいてはこの国は見えないと、週末は講演など理由をつけては地方を回ったんです。これも、楽しかった」

 ただ、心は楽しんでも、体は違った。「加齢ですね。体が文句を言っても、ペースを崩さなかった。人はそもそも心身が分裂しているものなんです。美空ひばりは東京ドームで歌い終わり、ぐじゃっと倒れた。僕もそういうところ、あると思う」

 ◇語るたびに自己嫌悪だった

 *助言

 30年間、朝日新聞社で記者、雑誌編集長を務め、キャスターに転身した。活字の世界にない気遣いもあった。後任キャスター、共同通信社の前編集局長、後藤謙次さんにこう助言した。

 「テレビは軽率で不完全なメディアだから、家で奥さんと反省会をやるのはやめなさい、とね。僕は毎晩、自己嫌悪でした。原稿ってのは、へたくそでも活字になると、まあ自己満足できるでしょ。でも、テレビは見るたびに自己嫌悪でね。ボディーランゲージが大きなウエートを占めるし。『なんであんなことを言ったのか』というのがストレスになってね」

 「僕がキャスターを始めたころ、朝日新聞では、テレビは下賤(げせん)なメディアで一度さわったら体が腐る、とさえ言われた」。それでも、テレビに移ったのは、新聞に限界を感じていたからだ。「何百万も部数があるから、書いたものが相手に届くと思っていた。でも、ある時気づいたのは、ほとんど何も届かない。特に国際報道は、どんなに大変な思いをしても何も届かない。多くの人に届けるには、テレビが手っ取り早いと気づいたんです」

 キャスターとしてどれだけのことを伝えられたのか。「こうあってほしいと思うことを語ってきたが、その方向に世の中が進んだことはない」という。語るたびに、どんどん自分が少数派になってゆくと感じた。

 それでも自分を突き動かすものがあるとすれば? 「うーん、おせっかいな好奇心ですかね。でも、この(報道の)仕事って、おせっかいですよね」

 ◇予約つき人生、今日が大事

 *発見

 がんになり、発見があった。一つは、患者と有権者が似ていること。「いくら情報を与えられても、自分で思うほど賢くはなれない」。結局は他人に言われるままになる。そして悪い結果が出れば「自分の責任」となる。「底にあるのは、人間は賢者になれるという壮大なフィクション。世界経済の影響で酪農家が破産すれば、『お前の責任』と言われ、フリーターや社会からこぼれる人が叱責(しっせき)される。でも、弱い患者と同じく、有権者にすべての責任があるわけじゃない」

 ごく自然に東洋医学に向かった。「僕の体は空爆されたイラクみたいなもの。放射線でがんはほぼ撃退したけど、体中が被爆している。西洋医学は敵を攻めるばかりだが、東洋医学は、がんを生む体にならないようにすることを心がける。それが自分には合っている」と、今は月の半分を奈良の東洋医学専門家、松元密峰さんのもとで過ごす。放射線医療の後遺症でのどが膨れ上がったとき、はり治療などで救われたためだ。

 「がんは面白い病気でね、これくらい個人差があり、気持ちに左右されるものはない」と言う。「心臓が急に止まるのと違い、余命率がどれくらいという、一種予約つきの人生になる。年数はわからない。ラッキーだと延びるし、短い人もいる」

 日々、「ありがたい」と思うことがある。「倒れるまで、一日、一日なんて、特に考えないで過ごしてきたけど、先が限られていると思うとね。例えばきょう一日も、とても大事というかね。うん。お墓には何も持っていけないから、大事なのは、どれくらい、自分が人生を楽しんだかということ。それが最後の自分の成績表だと」

 *思い

 今は週に1回、立命館大で講義し、あとは「源氏物語」を猛烈な勢いで読んでいるそうだ。

 「入院中にじっくり読んだのは新渡戸稲造の『武士道』。古典が面白くてね。それと、仏像や日本画をしみじみと見るというのかな……。これって、なんだろうと思う。これから先、見ることはないという、見納めの心理も働いているんでしょうが、すべてにありがたさを感じる。そう思いながら味わえる何日かが、あとどのくらい続くか分からないけど。その日々、月日があるというのは、急に逝くよりいいんじゃないか、なんて思うんです」



b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-12-03 00:55 | Medical News

b0035080_238496.gif

立ち寄ったら一日ワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたに良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌


【患者さんの声】というカテゴリーを追加してみました。

ここでは、治療を受けてみて、率直に患者さんが感じたことを載せていけたらと思います。
そうすることで、自分の体験をシェアーして頂き、それをまわりに伝えることができるからです。
どうも、ぼくが専門家視点で、心と身体・ストレスの関係を説明すると難しいようです。
なるべく、わかりやすい説明を考えているつもりでも、つもりで終わってしまいます。

そこで、皆様にご協力を頂き、患者さん視点から、体験談をシェアーして頂きたいと思います。

「私のストレスはこんなんだった」

「ストレスの解釈?」 「ストレスってなに?」

「心身条件反射療法の印象」


などを集め、もっと一般レベルで患者さんの生の声を通して、納得できる説明が集まるのではないかと思っています。

ですから、どんな些細な、感想でも構いません。

どしどしお寄せしていただけると助かります☆

是非、他人を助ける善徳を積む、つもりでご自分の体験をシェアーしてみてください。

きっと、誰かの心に共感していただけると思います。

そしたら、それはもう、あなたがその人を救ったことに繋がります。

また、ご自分のブログで体験を書かれている方がおりましたら、ご一報ください。

是非、トラックバックをさせてください。よろしくお願いします。

皆様と一緒に このカテゴリーを盛り上げていきたいと思います!!

体験報告・メール等はこちらまで↓↓↓
psychochiropractor@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相談・質問・疑問等ございましたら、お気軽に下記のコメントに
メッセージを残してください。

個人的なご相談はメールでも受けつております。
psychochiropractor@yahoo.co.jp

治療院情報はこちらから^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ハーモニー カイロプラクティック オフィス オブ ナチュラルヘルス

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-19-4
OBELISK JINBOCHO 1F
フリーダイアル 0120-622-768
E-mail : chiro-oasis@nifty.com
URL   : http://www.chiro-oasis.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

b0035080_238496.gif

最初にお忘れの方はワンクリ☆ありがとうございます♪
あなたにすべての良きことがなだれの如く起きます^^ 合掌

[PR]
by ha_art | 2007-11-30 19:10 | ☆患者さんの声☆